2019523日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日の vs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で史上19人目となる左右両打席でホームランを打った北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士について元中日巨人の井端弘和、元中日の立浪和義、楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の杉谷の打撃内容

1打席目 センター犠牲フライ(打点1)

2打席目 レフトフライ

3打席目 レフトホームラン(打点1)

4打席目 ライトホームラン(打点1)

 

 

杉谷のヒーローインタビューの一部

杉谷 打った本人が一番ビックリしてます。ベンチでもセギノール以来だと言われたので、今日から僕はスギノールとして頑張っていきたいと思います。

 

 

立浪、井端、デーブの解説

稲村 杉谷選手が左右両打席でホームランを記録しました。

 

大久保 井端さん、こういうパワーのない打者がホームランを打っちゃうとバッティングが崩れるとか言いますけど。

 

井端 そうですね。

 

大久保 右で打って、次が左でっていうのが逆に良かったんじゃないですか?

 

井端 そうですね。僕は右バッターでホームランを打った後というのは、次の打席が非常に気持ち悪かったですね。

 

大久保 次の打席でホームランのイメージになっちゃうんでしょ。

 

井端 はい。だから、また右に打とうと思うんですけど、なかなか上手くいかないもんだったんで。ホームランを打ったら不調の入り口かなと僕は思ってたんですよね。

 

大久保 なるほど。立浪さんの場合はホームランも打てたじゃないですか。狙わなかっただけで。そういう立浪さんから見て、体の大きさは杉谷とあまり変わらないじゃないですか。

 

立浪 はい。

 

大久保 杉谷のバッティングを見ていてどうですか?僕は元気があって好きなんですけど。

 

立浪 パンチ力はありますよね。それで2本ともインコースで右打席の時は少し甘めのボールでしたけどね。しっかりと体の回転を使って、体にバットが巻き付くように。左でもそうでしたね。

 

大久保 はい。

 

立浪 ただ、右でも左でもホームランを打てるのはスゴいと思いますね。ホームランも打率ももっともっと打てるんじゃないかと思いますよね。素晴らしい選手だと思いますね。

 

大久保 キャラクターだけが際立ってたけど。

 

立浪 いや、いい選手ですよね。 

 

大久保 そうですよね。

 

 

以上です。

意外とパンチ力がある。
おすすめの記事