201975vs広島カープ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は岩田稔、広島の先発は大瀬良大地。阪神先発の岩田は上々の立ち上がり。ちなみに初回から木浪がエラーしますが抑えます。2回表には挟殺プレーで大山がポロっとしたせいでピンチを作り1点取られることとなる。阪神打線は4回までゼロ行進でしたが5回裏にマルテのレフトポール際のソロホームランで同点。6回裏には近本がセーフティーバントで出塁、糸原が送りバントをしましたが処理にもたつき内野安打になり、糸井が左中間を破る2塁打で近本と糸原が生還し2点差とする。ここからは阪神は藤川・ジョンソン・ドリスの必勝リレー。最終スコア3-1で阪神の勝利。スカイアAMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―中盤で逆転勝利

矢野 前半は苦しい展開でしたけど、嘉男がいい場面でいいタイムリーを打ってくれて流れが来ました。

 

―近本のセーフティーバントから逆転が始まった

矢野 次の健斗のバントも結果はラッキーでしたけど、そういう細かい野球がタイガースの野球だと思うんでね。まあいいセーフティバントでチャンスを作ってくれました。

 

―岩田が61失点のナイスピッチ

矢野 岩田らしく丁寧に投げてくれましたし、1点を取られた後も岩田が岩田らしいピッチングをしてくれたおかげで逆転に繋がった思うんでね。本当に自分の仕事をしっかりとやってくれたと思います。

 

―岩田は打席でも粘っていて気迫を感じた

矢野 なかなかヒットは簡単に打てないですけど、1球でも相手ピッチャーに投げさせるというところもしっかりやってくれましたね。

 

―岩田の後は必勝の継投で勝利

矢野 まあスッキリした形の勝ちではないですけど、僕の好きな言葉で「雲の上はいつも青空」って。なかなかスッキリした勝ち方じゃないかもしれないですけど、青空があると信じて、また引き寄せられるような試合をしていけるようにやっていきます。

  

―坂本が梅野に代わってスタメンキャッチャーで好リード

矢野 梅野もだいぶ疲れているというので休ませるという中でこうやって勝てたというのはチームにとっても大きいですし、坂本にも梅野にとっても大きいと思うので、いい働きをしてくれました。

 

―カープとの1戦目に勝利 明日に向けて

矢野 まだまだミスも出てますし、スッキリした形ではないですけど、日々成長していけるように明日も頑張っていきます。

 

勝利監督インタビューは以上

 

 

その後の矢野監督のコメント

―好投の岩田について

矢野 岩田は1点を取られた後も本当によく粘って投げていてくれた。とにかく今日は岩田に勝ちがついて良かったね。ボール自体も真っ直ぐがよく走っていて、ゴロを打たせることができていた。

 

―近本のセーフティーバント

矢野 足の速い自分の特徴を生かしたナイスアイデアだった。チャンスメイクしてくれた。

 

―マルテの同点ホームランについて

矢野 やっぱり一発で追い付いたのはデカいよね。あれも追い込まれてから一発だからね。そういうものを期待して5番に置いているのでもっと打ってほしい。

 

 

浜中打撃コーチの試合後のコメント

―同点ホームランのマルテについて

浜中 チームが大瀬良を打ちあぐねていたんだけど、助っ人らしい大きな重要な一本だった。

 

―近本のセーフティーバントについて

浜中 「初球から思い切って振っていきますわ」と言ってたんだけど騙されました。身内をも騙すほど心の余裕が生まれているのかな()

 

―決勝打の糸井について

浜中 ベテランらしい勝負強いバッティングだった。横浜でホームランを打ったんだけど、疲れが正直出てきているんだけど、よく打ってくれた。

 

 

藤井バッテリーコーチの試合後のコメント

藤井 岩田を引っ張った坂本のリードは良かった。ジョンソンとギクシャクしていたけど最後にマウンドまで行って確認していたのが非常に良かったね。モヤモヤする中で投げるんじゃなく、しっかりとチェックしたのが良かった。あいつ英語分かっとんのかな?()

 

 

以上です。

相手の調子の悪さに助けられてる感がありました。
おすすめの記事