2021年3月15日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』で千葉ロッテマリーンズのドラフト3位ルーキーでショートの小川龍成について元横浜の高木豊と元阪神ダイエーの池田親興がフジテレビアナウンサーの黒瀬翔生と共に語っています。

 



小川龍成
前橋育英高―国学院大―ロッテ
OP戦成績 9試合 打率.267 本塁打4 打点5

 

アナ 3/12に千葉マリンスタジアムでロッテ中日戦がありました。豊さん、この試合で気になった選手を挙げてください。

 

高木 はい。まあ、小川ですね。気の利いたセーフティバントのような攻撃面もさることながら、それ以外にも守備がいいなと感じましたね。

 

アナ ほー守備ですか。

 

高木 はい。ボジショニングがいいですね。阿部が打ったショートゴロはもうちょっとステップワークを勉強した方がいいと思うんですけど。

 

 

高木 もっと1塁に強い球を投げれるような形になれればいいなと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

高木 だけど、ビシエドの時の守備位置を見てください。後ろでしょ。

 

 

高木 前後に守備位置を変えられる選手というのは守備に自信がないと出来ないんですよね。それで特に下手な人というのは守備位置を前にしたがるんですけど、後ろにポジションを取れるということはかなり自分の中で守備と肩に自信があるんでしょうね。

 

アナ ほー。

 

高木 やっぱりボールを殺さないとすぐに投げれないんでね。そういう殺し方も知ってますし、非常に面白いなと思いましたね。

 

アナ 後ろに守ると1塁への距離も長くなりますもんね。

 

高木 そうそう。だから肩に自信がないと出来ない。まあ、エチェバリアっていうのが来日が遅れてるんですけど、ショートを恐らく予定してると思うんですよね。

 

アナ はい。

 

高木 そのエチェバリアの守備が映像を見るとちょっと雑なんですよね。映像でしか見てないんですけど、この小川っていうのが面白い存在だなと思いますね。

 

アナ おぉぉ。

 

高木 まあ、藤岡というレギュラーがいてもね。

 

アナ はい。

 

高木 藤岡は小川の存在を恐怖に思ってるはずですよ。

 

アナ 熾烈なショートの争いになりそうですね。

 

高木 なってくると思います。

 

 

以上です。

ショートは守備重視で小川になるでしょ。
おすすめの記事