2021年10月3日vs.中日ドラゴンズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―及川-岩崎―スアレス

中日 小笠原祖父江

 

阪神は3回裏にマルテのソロホームランで先制。試合はこのまま進み阪神は終盤から小刻みな継投で逃げ切る。最終スコア1-0で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

7回途中無失点の先発・ガンケルについて

矢野 シーズン前半はテンポ良く投げていたけど、ここでまた(先週に続いて)2つ勝ってくれた事が大きいんだ。内容的にも申し分なかった。

 

―ガンケルはシーズン中にフォームを修正した

矢野 2年目で日本の野球に慣れてきたこともあるんだけど、もともと研究熱心なところもある。そこが進化の要因だ。

 

―及川について

矢野 持ち球の質だけじゃなくて、大事なところで内角を突く梅野のリードに応えられるところが良い。インサイドに投げるということは必要な事なんだけど、そういうところがシーズンの中で成長してくれている。ピンチの場面でよくインコースにいったな。

 

―厳しい優勝争いが続く

矢野 全員で戦う中で例えば試合前の円陣で岩崎が入ってくれたり、外国人選手が盛り上げてくれている。そういうところが俺たちのチームのスタイルだから。

 

 

以上です。

勝ったけど点は取れていないですね。
おすすめの記事