2020年10月16日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で5試合連続ホームランを放った横浜DeNAベイスターズの佐野恵太について元横浜の野村弘樹、元巨人の松本匡史、中日で監督をしていた谷繁元信がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



佐野のヒーローインタビューの一部

同点ホームランについて

佐野 前の打席でしょうもないセカンドゴロゲッツーを打ってしまったので、何とかしようと打席に入りました。

 

明日もホームラン期待していいでしょうか?

佐野 期待しないでください。

 

 

佐野を語る

この日の佐野の打撃内容
1打席目 セカンドゴロ
2打席目 センター前ヒット
3打席目 セカンド併殺打
4打席目 ライトホームラン(打点1)
打率.334 本塁打20 打点69(10/16時点)
球団タイ記録の5試合連続ホームラン!

 

アナ DeNAが巨人に勝ちました。佐野選手は同点打となる5試合連続ホームランを放ちました。

 

野村 谷繁さん、佐野は元気ですね。

 

谷繁 本当にね、僕は佐野には謝らないといけないんですよ。

 

野村 うんうん。

 

谷繁 僕はまさかここまでやるとは思わなかったんです。開幕前にラミレス監督が「4番は佐野」と公言して。正直、僕はどこまでもつのかなと思っていたんですよ。

 

野村 うんうん。

 

谷繁 そのうち音を上げて4番をソトであったりが打ってるんじゃないかなっていう。

 

野村 僕も谷繁さんの意見と同じでしたね。

 

谷繁 本当に佐野には謝らないといけない。すいませんでした。フフッ(笑)

 

野村 垂れてくれるかなと思ったら垂れないですよね。

 

谷繁 いやぁ、スゴいですよ。大したもんです。

 

野村 うんうん。松本さん、佐野は元気ですよね。

 

松本 元気ですねぇ。本当に甘い球を見逃さず、それを1球で仕留めるというのはスゴいですよ。素晴らしいバッターに成長してますよね。

 

アナ はい。佐野選手は5試合連続ホームランを記録しましたが、DeNAの田代チーフ打撃コーチには77年に5試合連続ホームランがあります。その記録に肩を並べた佐野選手について「俺は忘れていた。なかなかないチャンスだから、王さんやバースの7試合連続を目指してほしいと思う」とコメントしています。

 

ホームラン連続試合記録
王・バース 7試合連続 NPB記録
佐野恵太  5試合連続 球団記録(5人目)
1968年長田、1977年田代、2004年ウッズ、2008年村田、2013年ブランコ

 

野村 狙えるのは佐野しかいないですからね。ぜひ目指してほしいですね。

 

 

以上です。

ラミレス監督の慧眼ですね。
おすすめの記事