2020年10月16日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で8回裏に代打で登場しプロ初安打と初打点をマークした阪神タイガースの井上広大について元横浜の野村弘樹、元巨人の松本匡史、中日で監督をしていた谷繁元信がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



井上のヒーローインタビューの一部

井上 まさか1年目で自分がこの舞台に立てるとは思ってなかったので、1軍に上げてもらってから全然結果が出なかったので、この1本をキッカケにこれからも前を向いて、スタートラインだと思って頑張っていきたいと思います。阪神タイガースを日本一に導けるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします。

 

 

井上を語る

アナ 阪神が先発の西投手の好投もあり、完封リレーでヤクルトに勝利しました。そして試合の終盤にはドラフト2位ルーキーで高卒1年目の井上広大選手が代打で出場してプロ初ヒット、初打点をマークしました。

 

野村 そうですね。鳴り物入りでチームに加入したバッターですけどね。谷繁さん、やっぱり思い切りが良さそうですね。

 

谷繁 ねぇ。最近の高校から出てきた選手みんな振れますよね。

 

野村 振れますよね。

 

谷繁 うん(笑) スゴいですよ。

 

野村 我々の頃の1年目というのは緊張感を持って打席に入ってたり、マウンドに上がっていた印象なんですけどね。

 

谷繁 そうですね。まあ、堂々としてますよね。

 

野村 そうですよね。松本さん、このルーキーの井上選手についてどうですか?

 

松本 いやぁ、素晴らしいバッティングですね。あのアウトコース低めの球に右中間に長打が打てるというのは素晴らしいバッティングですよ。

 

野村 はい。

 

松本 なかなかできることじゃないですよ。

 

野村 そうですよね。引っ張りにいきたくなりますからね。

 

松本 そうですね。

 

野村 しっかり踏み込んで打ってましたね。

 

 

以上です。

ここからがスタートです。
おすすめの記事