2020年10月16日の阪神タイガースvs.東京ヤクルトスワローズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西―エドワーズ

ヤク 歳内―梅野―寺島―久保

 

先発の阪神西、ヤクルト歳内は共に上々の立ち上がり。先制は4回裏の阪神で大山の3塁打からチャンスを作り梅野のタイムリーで1点。5回裏には糸原糸井の連打から大山がタイムリーで2点差。6回裏には梅野がライトポール直撃のソロホームランで3点差。7回裏にはまたも大山がタイムリーで4点差。8回裏には小幡がヒットで出塁して代打井上がプロ初安打&初打点となる2塁打を放ち5点差。西は8回無失点、最後はエドワーズが締めて5-0で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

8回無失点の先発西について

矢野 序盤の投手戦でピンチを作ったりでイヤな展開の中でもコーナーを突きながら粘ってくれた。ダブルプレーを取りたいところで取れる、三振を取りたいところで取れる。これはやろうと思ってもなかなか出来ることではない。チームを引っ張っていく気持ちも持っていてくれてるし、連敗の中でそれができるのはさすがだね。

 

4安打2打点の大山について

矢野 センターから逆方向へのヒットは去年までは少なかった。3割を打つバッターはバットの面を幅広く使う、ホームランの方向もいい進化を見せてくれている。

 

―最近不調だった梅野のバッティングについて

矢野 バッティングのチェックポイントがあったようで、春先のいい状態の時と比較してチェックをしてしまうとやり過ぎてしまう。too muchになってしまう事がある。その辺りを現在の疲れた状態でやり過ぎるのは良くないよとアドバイスをした中で自分の経験を踏まえて話をした。

 

 

以上です。

大山4安打に井上初ヒット。
おすすめの記事