2018年4月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」にてこの日のvs巨人戦で2打席連続ホームランを打った広島カープの菊池涼介の打撃について元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉が分析しています。

 



【この日の菊池の打撃成績】

4打数2安打、2本塁打、2打点

 

岩本 谷沢さん、カープ打線は鈴木誠也が離脱している中で菊地が2発のホームランですよ。

 

谷沢 ねぇ!まさかの2発だよね。この体でそんなにホームランを打つイメージじゃないんだけどね。バットのヘッドが少し重いやつを使っているんだよね。

 

岩本 なるほど。

 

谷沢 だから、ヘッドスピードが非常に上がった時にはよく飛びますよね。

 

岩本 はい。それでですかね、画面で見た印象よりも打球が遠くに飛んでいるのは、そのバットのヘッドが利いているからですか。

 

谷沢 はい。ムチの先に石が付いているようなね。

 

岩本 はいはい。

 

谷沢 ムチみたいな感じでバットを使っているというね。

 

岩本 あの硬い木のバットがしなっているムチのようにバットを使っている。

 

谷沢 そうですね。

 

岩本 決定打が期待されている鈴木誠也がいない中で守備が注目される菊地の元気さはカープにとっては大きな強みですよね。

 

谷沢 菊地はディフェンスでもそうだし、オフェンスにおいても全てにチームのリーダー的な存在になっているんでね。やっぱりチームが窮地に陥った時に今日の菊地みたいな活躍が求められますよね。

 

岩本 そうですよね。

 

 

以上です。

菊地のスイングはムチのようにしなっているという分析はよく分かりますよね。そんなに体は大きくないんですけどフェンスオーバーするのはそういうバットの使い方をしているからなんでしょうね。菊池は守備面でフォーカスされがちですが、それだけじゃなく打撃面でも良い仕事をしますよね。

おすすめの記事