2017年にBSスカパーで放送された「グラゼニアニメ化記念番組」でソフトバンクの球団経営をしていた小林至が投手の査定方法を細かく語っています。山崎武司、岡島秀樹、ザブングルの松尾と共に語っています。

 



松尾 バッターに関しては数字がハッキリと分かりやすくて自分なりに納得のいく年俸になると思うんですけど、ピッチャーは味方打線によって左右される部分がありますよね。これってどうなんですか?

 

小林 これは球団にもよりますけど、査定というものがあって、基本的には出場査定というのがまずあるんですよ。

 

松尾 はい。

 

小林 これは要するに先発ピッチャーであれば、1イニング毎にポイントが重なっていく。

 

松尾 うん。

 

小林 更に今度は成績ポイントがあって、これは勝ち星よりも、仮にこうしましょう。出場ポイントというのが1イニングで1点とします。

 

松尾 はい。

 

小林 そして成績ポイントがあって、5イニング自責点0で10ポイント。5回自責点1で7ポイント。5回自責点2で4ポイントみたいなね。これは分かりやすくスゴく単純化して話していますよ。

 

松尾 はい。

 

小林 それでこれを積み上げていくんです。更に勝利した場合は、プラスで勝利ボーナスでポイント5とか10とか。ですから、まず先発ピッチャーだとイニング数が重要視されていて5イニングを抑えることが基準。この5イニングという基準は球団によって変わると思います。球団によって4イニングでポイントが付く場合もある。というような形でポイントを積み上げていくんですよ。

 

松尾 へぇ~。

 

小林 まあ、要するに勝ち星が付くか付かないで考えるなら、更にポイントでプラスにはなるけども、それが0か1という話ではないですね。

 

松尾 はい。

 

 

小林 これは多分、割りと各球団でも同じような形で査定をしていると思います。色々と係数が違うし、細かいことは違うと思うんですけどね。

 

松尾 だから、何勝何敗、防御率いくつ、ということだけではないんですね。

 

小林 その辺はプラスアルファになりますね。

 

松尾 なるほど。こういうことを契約するに当たって、選手側は数字には表れないようなものを交渉の材料にするんですかね?

 

岡島 そういう数字は代理人がいたらやってくれるんですよ。

 

松尾 あぁ、そうか。

 

岡島 自分たちはそういうのを考えてやらないんですよね。

 

松尾 自分たちでやるとしたら、もうそれは雰囲気で決めちゃいそうですよね。『今年はけっこういったなあ』みたいな。

 

岡島 やっぱり昨年よりも今年が良かったら普通に考えればアップじゃないですか。悪かったらダウン。

 

松尾 そうですね。

 

岡島 そういう大まかなことを考えていますけどね。

 

松尾 例えば、防御率がめちゃくちゃ良くて、勝ち星が全然恵まれなかった場合は本人としてはどういう感覚なんですかね?

 

岡島 チームに貢献していたらアップするんで。

 

松尾 そうか。

 

岡島 はい。先発ピッチャーで全然勝てなくても、チームが勝っていてる場合があるとしますよね。

 

松尾 はい。

 

 

岡島 先発ピッチャーというのは中継ぎとか抑えが打たれると勝ち星がなくなるんで、そういうところをチーム側は絶対に配慮してくれると思うんで。

 

松尾 じゃあ、仮に超極端な話ですけど、防御率が1点台で0勝15敗ぐらいだったら、これは年俸はどうなんですか?上がるんですか?

 

小林 場合によってはですけど、先発ピッチャーだからまずはイニング数でしょ。イニングポイントで1年間180イニング投げましたとする。

 

松尾 はい。

 

小林 それからさっきの1試合5イニング投げての自責点0、1、2、3までポイントが付いて、そして6回以降は更にポイントが足されていくわけなんですね。

 

松尾 はい。例えば年俸1億円のピッチャーが0勝15敗で防御率1点台という運のないパターンだとどうなるんですかね。

 

小林 大幅には上がらないですね。やっぱり勝ち星のポイントボーナスがないから。それとこれも球団にもよるんですけど、基本的に防御率のアンダーとオーバーでボーナスを付けるケースがあると思う。

 

松尾 岡島さん、メジャーだとどういう感じなんですか?

 

岡島 メジャーだと日本みたいに細かいポイント項目はないですね。

 

山崎 例えばメジャーだと中4日で1年間ローテーションを投げ切ったら評価が高いわけでしょ?

 

岡島 評価は高いんですけど、本当にアメリカは契約社会なんですよ。初めに契約しちゃったら、もうそれでお金は決まっているんですよね。

 

松尾 そうか。

 

岡島 1年契約でそれを達成したら出来高は貰うじゃないですか。

 

山崎 うん。

 

岡島 その出来高を貰った時から交渉が始まるんですよ。

 

山崎 あーそうか。

 

岡島 全部トータルで3億円で契約して、プラス出来高2億円を貰えたら5億円から契約交渉がスタートなんですよ。

 

山崎 うんうん。

 

岡島 そこでチーム側からいらないとなったらリリースされるんで。

 

松尾 なるほどね。

 

打者の査定方法はこちら

 

 

以上です。

査定方法の話は面白いですね。

おすすめの記事