2018年8月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦でリリーフ登板しプロ入り初勝利を飾った読売ジャイアンツの左腕・池田駿について元横浜の高木豊と同じく元横浜の斎藤明雄がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



【この日の池田駿の投球内容】

2回24球、被安打2、奪三振0、四死球1、失点0

今季1勝1敗 防御率2.08 (8/4の試合終了時点)

 

【池田のヒーローインタビューの一部】

池田 プロで1勝をあげるのは、こんなに大変なことなんだと改めて感じました。(ウイニングボールはどうするかは)僕の奥さんのお父さんにプレゼントしたいと思います。ジャイアンツファンというのもあるんですけど、去年からずっと闘病生活が続いていて、その勇気と励みになればという気持ちで渡したいと思います。

 

 

アナ いい話ですねぇ。

 

高木 そうですね。優しい子です。

 

アナ さて、豊さんにちょっと伺いたいのは、嬉しそうに語っていた池田駿投手とは接点があるみたいですね。

 

高木 はい。ヤマハでちょっとコーチをやっていた時に色んな話をしたりだとかしたんですけども、社会人時代の時は力任せだったんですね。

 

アナ はい。

 

高木 それで、150キロぐらいは投げなきゃいけないんだというような、抑えなきゃいけないだと力みまくっていたんですけど。

 

アナ はい。

 

高木 やっぱり、プロ2年目になって、コントロールの大事さと丁寧さというのを何か覚えたような感じがしましたね。

 

アナ そうですか。プロ初勝利もあげましたし、明雄さん、これは生かしていかないといけませんよね。

 

斎藤 そうですね。今日1勝したことによって、今後も勝てるようになるでしょうしね。

 

アナ はい。

 

斎藤 今日のピッチングを見ていると、腕の振りもいいですし、スライダーのキレもいいので、セットアッパー的に中継ぎでロングリリーフできるんじゃないかな。

 

アナ はい。

 

斎藤 ロングリリーフで頑張って、先発で投げられるようになったらいいなと思いますけどね。

 

アナ なるほど。この1勝で池田駿投手の状況はチャンスです。生かしてほしいと思います。

 

【池田駿のプロフィール】

1992年11月29日生まれの25

174cm、71kg 左投左打

新潟明訓高校→専修大学→ヤマハ→巨人

2016年ドラフト4

 

 

以上です。

2年目で初勝利です。これから長く続けられるように頑張ってください。

おすすめの記事