4月22日にTBSで放送された「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで連日のエンゼルス大谷翔平の大フィーバーの報道について元阪神の川藤幸三が騒ぎまくっているマスコミに釘を刺しています。番組MCの関口宏と元ロッテ巨人の張本勲と共に語っています。

 



【番組の進行でメジャーリーグの話題になっている状況】

川藤 大谷の事でね、ここまで騒ぎすぎ。

 

関口 あ、そうですか。

 

川藤 こんなん当たり前やん。

 

関口 え、そう?

 

川藤 うん。だから、わしねぇ、何でこれぐらいのことでガンガン凄い凄い言うんかね。こんなもんまだ始まったばっかりでしょ。

 

関口 だってピッチャーやって打つんですよ?

 

川藤 いや、そんなん日本でも当たり前のこと(のように)をやってきとるんやから。

 

関口 でも、二刀流はいませんよ?

 

川藤 いや、それはいないけど、これもし調子が下がってきた時に、さあ皆さんがどんだけ(大谷のことを)扱います? もう知らんふりでしょ?

 

関口 あ、そう?

 

川藤 そんな事をしとったらダメよ。だから、今はまだ出足やから、「よし、大谷ようやっとるやないか」で。そんなもんマメで1試合ダメになったとかで騒がんでええんですよ。

 

張本 偶然もあるしね。まぐれもあるからね。素質はもう大変なモノを持っているからね。もう少しゲームを見たいわね。

 

関口 2勝して3割4分ですよ?(ここまでの大谷の成績2勝1敗で打率.342)

 

川藤 そんなもん、それで終わり言うんやったらね、そりゃ「すげえな」って思うけど。

 

関口 騒ぎすぎね。

 

川藤 そらそうですね。これからです。

 

関口 これからちゃんとお伝えします(笑)

 

 

以上です。

川藤の言いたい事もよくわかりますよね。騒ぎすぎというのはありますね。でも、あれだけすごいことをやっていたらたくさんの人がテレビで大谷について色々と知りたいというニーズもあると思いますよね。まあ、大谷で騒ぎすぎというのは非常によく分かります。

おすすめの記事