手術後、初先発で勝利!ヤクルト星知弥の投球を平松が解説 2018年9月13日

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2018年9月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で右肘手術後、初の先発登板し、6回を1失点の好投で2勝目をあげた東京ヤクルトスワローズの星知弥のピッチングについて元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの山田透と共に語っています。

【この日の星の投球内容】

6回101球、被安打2、奪三振3、四死球2、失点1

今季2勝0敗 防御率4.29 (9/13の試合終了時点)

 

【星のヒーローインタビューの一部】

星 やっぱり中継ぎとは違うので、キレイなマウンドに立てるというのは先発しかないので、この中でゲームを作れたというのは良かったと思います。(右肘の手術後から復帰については)1軍で投げるということをずっと考えて、リハビリはキツかったんですけど、本当にそれだけを考えてシーズンの最初の方は練習にずっと取り組んでいました。CS争いも今後も激しくなると思うので、投げる機会があればチームを勝たせられるように頑張っていきたいと思います。

アナ ヤクルトがジャイアンツとの3連戦で一つも勝たせませんでした。突き放しました。

平松 3試合で1点ずつしか取らせなかったというね。

アナ そんな中で今日は先発の星ですよ。

平松 良かったですよね。本人も納得のいくピッチングが出来たと話していましたけども。

アナ はい。

平松 もともとストレートに力があって、フォークでもスゴく腕を振るんですよ。だから、バッターがストレートだなと思って振っていますけどね。

アナ うん。

平松 縦に落ちるフォークとよく似た変化のするスライダーもあるんですよ。だけど、ストレートも速いし、変化球もキレてましたんで、そういう意味では今日は安定したピッチングをしたと思いますよね。

アナ なるほど。

平松 だから、これからの終盤戦に向けてチームにとっては1人でも先発ピッチャーが欲しいところなんで、いけるんじゃないですかね。

アナ 先発はライアン小川、原樹里、そして今日の星知弥。

平松 ブキャナン。

アナ はい。ブキャナンも入れて先発のコマが揃ってきましたよねぇ。

平松 はい。

以上です。

星が先発として定着すれば来年以降もヤクルトは楽しみが増えそうです。中継ぎを使いまくっているのが気になりますが。