二刀流挑戦のLAAカワート インタビュー 2019年3月7日

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2019年3月7日にBS1で放送された『MLB×プロ野球』で大谷翔平に影響を受けて二刀流に挑戦中のアナハイムエンゼルスのカワートがインタビューを受けています。

―グラブをカメラに見せて

カワート これがショートとセカンドのグラブ。これが投手用のグラブ。そしてこれがファーストミットだ。

カワートはここ4年間メジャーで野手として出場してきましたが

今シーズンから投手としての練習を開始しました

―同じチームの大谷に影響を受けた

カワート 去年、ショーヘイのプレーを見て、シーズン終了後にGMとコーチに「僕は高校でピッチャーだった。リリーフとして投げるのはどう思う?」と持ちかけたんだ。そうしたら彼らが「ぜひ見たい」と言ってくれた。いまの球団はロスターに柔軟性のある選手を入れたがっている。もし投手も野手もできる選手がいたら、一人で二役ができる。それはチームにとっても大きい。ショーヘイがメジャーで活躍しなければこんな道は開けなかったと思うけど。

―イレギュラーな調整になることに対する準備

カワート 正直言うとね、スケジュールを把握するだけで大変なんだ。「今日は野手だっけ?投手だっけ?両方やるんだっけ?」ってね。ショーヘイしか経験していない道。僕だけでなく周りにとっても試行錯誤だと思うよ。

以上です。

大谷はパイオニアとして影響を与えていますね。