2019329日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で開幕戦から1番・2番のコンビを組んだ阪神タイガースの新人の木浪聖也と近本光司について元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満、元阪神ダイエーの池田親興が語っています。

 



高木 阪神はベテランと若手の融合で勝った。真中さん、矢野監督が1番・2番に新人の木浪・近本の若手を使ってきました。

 

真中 そうですね。けっこう思いきってると思うんですよね。

 

高木 これ勇気がいると思うよね。

 

真中 はい。

 

高木 それがいきなり1回表にセンター前の当たりを近本がホームで捕殺してね。。

 

真中 そうですね。これは冷静でしたよね。

 

高木 ピッチャーも助かるよね。

 

真中 助かりますし、メッセンジャーの立ち上がりですからね。

 

池田 ここで1点取られるとね。5年連続開幕投手のメッセンジャーでも緊張してると思うんですよ。そのなかでルーキーの木浪と近本の2人。お互いに2人いるということが強みになるのかなと。

 

高木 ルーキーコンビでね。

 

池田 はい。ベンチに若手が入ってて、若手がやりやすい環境に見えたんですよ。

 

高木 そうですね。

 

池田 明るくて非常にいいなと思って見てました。

 

高木 真中さん、近本は打点付きのプロ初ヒットですよ。

 

真中 そうですね。今日の木浪はヒット出てないですけど非常にバッティング内容が良かったですよね。

 

高木 そうですね。

 

真中 だからまた明日から楽しみな2人ですよね。

 

高木 それで鳥谷が3塁打でね。

 

真中 よくサードまで走りましたよ。ちょっと顎が上がってましたけど。

 

高木 でも足は動いてたね。

 

真中 そうでしたね()

 

高木 昨年よりは状態がいいような。

 

 

以上です。

ルーキーが引っ張るというのも既存の選手からした微妙ですけど頑張るしかない。鳥谷も必死です。
おすすめの記事