201947日にTBSで放送された『平成あったなぁ大賞』で阪神戦でストライクボールの判定にブチ切れて審判にボールを投げつけて半年間の出場停止になった元巨人のバルビーノ・ガルベスが当時のことを語っています。

 



番組はガルベスを1ヶ月調査しようやくコンタクトが取れた。そしてドミニカ共和国のサンペドロ・デ・マコリスで待ち合わせることに。しかし、その日は3時間待っても現れず約束をすっぽかされる。

 

そして二日目にようやく会えることに

スタッフ こんにちは。ガルベスさんですか?

 

ガルベス あぁ、そうだよ。昨日は悪かったな。約束したことをすっかり忘れていたよ。

 

 

ガルベスの現在

ガルベス さぁ、着いたぞ。ここが俺の仕事場だ。ここは俺が作った野球学校なんだ。あそこで未来のメジャーリーガーを育てているんだ。

 

現在、ガルベスはベースボールアカデミーを作り、メジャーリーグを目指す子供たちの育成に力を入れている。

 

ガルベス 10年前にここを作ったんだ。だいたい3億円くらいかな。スゴいだろう?()

 

 

あの審判暴投事件の映像を見せると

ガルベス どういう事だ?この話をしに来たのか?

 

ガルベスの顔から笑顔が消えた

 

ガルベス お前ら間違ってるぞ。あれは審判に投げたんじゃない。ボールボーイに返しただけさ。あれのおかげで半年間の出場停止さ。乱闘で相手を殴った奴でも10日ぐらいなのに俺は投げただけで半年さ・・・。でも日本ではいい思い出が多いんだ。今こうして野球を教えられるのも全部日本のおかげさ。あの事は正直反省しているんだ。本当に悪かったと思っているよ。

 

(続けて)

 

ガルベス ゴメンナサイ(日本語)

 

乱闘シーン 3分6秒から

 

以上です。

ジョークも交えつつ反省していたようです。かなり丸くなっていました。

おすすめの記事