2018年8月11日vs.横浜DeNAベイスターズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

先発は阪神・小野、DeNA・濱口で始まる。阪神は2回表に鳥谷のタイムリー、梅野の2ランで3点を先制する。更に3回表にはロサリオがレフトオーバーのタイムリー2塁打で1点追加。対するDeNAは満塁のチャンスで大和がライト前に落とすヒットで2点を返す。阪神も反撃で6回表に糸原がタイムリー、北條が犠牲フライ、ロサリオタイムリー、ナバーロタイムリーで一挙4点を取って8点目。小野は7回に石川にタイムリーを打たれて1点取られる。更に8回に2アウトまで投げて交代。最後は岩崎が締めて8-3で阪神の勝利。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いています。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―先発の小野について

金本 今日はもともと長いイニングをいってもらうつもりだった。欲を言えば8回を1人でいってほしかったなあ。もともと8回で終わる予定だったんだけどね。次も中5日でいく予定なので、8回まで投げてほしかった。まあ、小野は投げてみないと分からないんだけども、今日はストライクを取るのに苦しんでいたところもあったけども、前回よりはかなりストライクが入るようになっている。もともと投げるボールには力があるんだから、ストレートがストライクに入ればそりゃ勝てますよ。

 

―打線について

金本 昨日の東といい、打線が真っ直ぐを捉え始めているのかな。ここ(横浜スタジアム)と神宮だったらみんな打つよ。

 

―ロサリオとナバーロについて

金本 ロサリオとナバーロ、どっちもよく打ってくれた。ただ、ロサリオは三振が2つあって駆け引きを学んでもらいたいかな。

 

―2試合連続スタメンの鳥谷について

金本 鳥谷は春先よりも今の時期の方が振れてくる。やっぱり、暑い時にもともと振れてくる選手ですからね。

 

―陽川の右ひじの状態が良くないんですか?という問いに

金本 うーん。そうだね。ただ、今日はもともと鳥谷でいく予定だったから。

 

―6回までにリードしている場合、37勝無敗だが

金本 去年と同じようにそういう勝ち方ができている。もうそれはリリーフ様様ですよ。勝ちゲームを全部取っているのはリリーフ様様です。

 

 

終始、笑顔でコメントしていたようです

 

 

以上です。

快勝でした。

おすすめの記事