201953日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦で8回裏に決勝点となる犠牲フライを献上した読売ジャイアンツの重信慎之介の守備について元横浜の高木豊と元巨人の松本匡司がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



場面

8回裏 同点の場面 1アウト1-3

ランナー3塁に俊足の曽根。そしてバッターの西川が打った浅いレフトフライで曽根はタッチアップでスタートする。レフトの重信はホーム送球をするがとんでもない悪送球となり決勝点を献上することになる。

 

 

松本匡司と高木豊が解説

高木 松本さん、8回裏の重信のレフトの守りなんですけど、あの捕球の仕方についてどう思います?

 

松本 まず捕球体勢が悪いです。

 

高木 どういう風に捕球体勢に入ればいいですか?

 

松本 高いフライが上がっているのでいい捕球体制を作る時間的な余裕がありますよね。

 

高木 はい。

 

松本 その中で、いい捕球体制を作らなければいけないのに体の左側でフライをキャッチしています。そしてそのままの体勢で送球するとボールが逸れるんですよね。

 

高木 うんうん。

 

松本 やっぱり一度正面に戻して、左肩を投げる方向に、キャッチャーの方向に向けないといけないんですね。

 

高木 はい。

 

松本 これは焦りからそうなりましたよね。やっぱりまずはキッチリとした捕球の形でフライをキャッチすることが大事ですよね。

 

高木 そうですねぇ。もう3塁ランナーの曽根は浅いフライだから走らないかなと思ったんですけど、こういうミスも計算の上で走ったような感じがしましたね。

 

 

以上です。

重信は色々と目立つプレーがありますね。サラサラヘアもやめた方がいいでしょう。
おすすめの記事