2021年2月8日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』で中日ドラゴンズで立浪和義氏が指導する根尾昴と京田陽太について元横浜の高木豊と野村弘樹がフジテレビアナウンサーの黒瀬翔生と共に語っています。

 



根尾について

アナ 2020年、8年ぶりのAクラス入りを果たした中日ですが、立浪和義さんが臨時コーチとして指導しています。その中で3年目を迎える根尾選手について野村さんはどう見ていますか?

 

野村 根尾選手がインタビューで「たくさん聞いて、勉強して」とコメントしていましたが、それを習得出来るかどうかですよ。

 

アナ はい。

 

野村 立浪さんの話を聞いていれば間違いないと思いますんでね。だから習得出来るかどうかだと思いますね。

 

アナ なるほど。豊さんは根尾選手がステップアップする1つカギとなるところはどこだと思いますか?

 

高木 うーん・・・まあ、確実性かなぁ。

 

アナ 確実性。

 

高木 うん。あとは根気良く教えてもらった事をブレずにやり続けていけるかどうかだよね。

 

アナ はい。

 

高木 根尾にその部分で粘りがあるかどうか。そこに期待したいですね。

 

アナ そうですね。

 

 

京田について

アナ そして立浪さんの指導を更に受けているのが京田選手です。京田選手本人も手応えを掴んだようで、この立浪塾が大人気ということなんですが。

 

高木 うんうん。

 

アナ 豊さんが京田選手に期待することは何でしょうか?

 

高木 立浪は去年からずっと「京田」「京田」って言ってるんだよね(笑)

 

アナ はい。

 

高木 それで京田の悪いところ、良いところも全部分かってるんですよね。それで「割れはできてるのに打ちにいく時にもう一回手で細工をする」って言うんです。

 

アナ ほぉー。

 

高木 「そこが直ったら必ず打てる」って言ってたんで、もうそこは去年からのテーマとして立浪の頭の中であったので、京田も変わってきそうな感じがしますよね。

 

アナ 立浪さんの中では『こう指導すれば劇的に変わる』というポイントがありそうですね。

 

高木 それはキャンプの前から頭の中にあるから、もう初日からすぐに捕まえてやらせているはずですよ。

 

アナ そうですね(笑) 野村さんはどのように見ていますか?

 

野村 僕も立浪さんにはバッティングについて色々と聞いたりするんですけど、とにかくトップの位置について言うんですよ。

 

アナ はい。

 

野村 ピッチャーもトップが決まらないとリリースが決まらないんで。だからトップが決まらないバッターは結局当てにいく時にミートポイントにブレが出る。更に動くボールにも対応しなきゃいけないんで。だから立浪さんはよくトップの大事さを言われてますよね。

 

高木 アドバイスするポイントは至ってシンプルだよね。

 

野村 はい。余計な事を言わないと思うし。

 

高木 野村さんが言うように、無駄がないようにする。バッティングも無駄を無くす作業を恐らく立浪はやらせると思う。

 

アナ なるほど。その立浪塾でどれだけ選手たちが進化するのか楽しみですね。

 

野村 楽しみです。

 

 

以上です。

立浪塾の効果はどうなるか。
おすすめの記事