2019824日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs中日ドラゴンズ戦で3点差で9回裏に抑えとして登板した広島カープの中崎翔太でしたが、3失点し抑えを失敗してしまったことについて元中日の谷沢健一と元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



広島の主なリリーフ陣
フランスア  試53 S6 防3.09
菊池保  試43     防2.76
中 崎  試35 S9 防4.15
中 崎  試35   防2.48
遠 藤  試28 S1 防2.45

 

アナ カープが中日に延長戦の末に勝利。2年目の遠藤投手は水曜日のプロ初勝利に続いて今日は初セーブ。初づくしの忘れられない1週間となっていると思います。ただ、心配なのがクローザーの中崎投手です。今日は3失点で延長に突入することになりました。苫篠さん、広島カープのクローザー事情。中崎投手はどうでしょうか?

 

苫篠 首脳陣は経験値を買ってるんだと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

苫篠 やっぱりストレートのスピードだったり、スライダーだとかは正直勤続疲労で以前の勢いがないのは事実なんですよね。

 

アナ はい。

 

苫篠 そしてフランスアも今年はバタバタしている。今村なんかもいい時は抑えに適任かなとも思うんですけど、6回以降に相手の勢いを止めるためには今村が9回の前のイニングで必要になってくる。

 

アナ うーん。

 

苫篠 そうなってくると、私なんかでも決めかねてしまうようなところがありますね。

 

アナ なるほど。谷沢さん、やはり中継ぎ陣容の構成が難しいですかね?

 

谷沢 一度、中崎をセットアッパーにしたことがあるんですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 それでフランスアを抑えにした。そうしたらフランスアに非常に重圧がかかるんですよね。

 

アナ なるほど。

 

谷沢 それで負けた試合もあるんで、やっぱり落ち着くところは中崎のストッパーだと思うんだけど、でもこの辺は相手の出方を見ながら起用せざる負えないかなと。

 

アナ はい。

 

谷沢 それで今日初セーブをあげた遠藤なんかは力がありますからね。

 

アナ そうですね。

 

谷沢 遠藤なんかも時々使ってみるのもいいんじゃないかなと思いますよね。

 

アナ はい。緒方監督も試合後にコメントを発表してまして、「遠藤は度胸がある。勝ちゲームで使いたい。ただ連投したらスタミナ面もあるから、そこはちょっと間隔を空けながら」というコメント。遠藤投手は非常にいい戦力になるかもしれません。

 

 

以上です。

3連覇の代償でしょうか。勤続疲労でしょうね。
おすすめの記事