2018年6月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.ヤクルト戦でプロ初登板、初勝利を見事な投球で飾った埼玉西武ライオンズの高卒2年目今井達也について元横浜の野村弘樹、元近鉄西武の金村義明、元横浜の平松政次がタレント稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の今井の投球内容】

6回112球、被安打5、奪三振6、四死球2、失点1 (自責0)

 

【今井のヒーローインタビューの一部】

今井 初登板ということで、監督コーチの皆さんに楽しんで思いきってやってこいと言われたので言葉通りに初めてのマウンドを楽しめたんじゃないかと思います。(家族にメッセージで)今まで迷惑掛けましたけど、これからは僕が両親を支えていけるようにこれからもどんどん活躍できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!

 

 

【辻監督の試合後のコメント】

辻 まあ、マウンド捌きを見ている限りはバタバタせずに力が入っているようには見えなかったしね。非常に落ち着いていたんじゃないですか。彼の特徴というか、大舞台が意外と落ち着かせてくれたのか、そういうのが好きなのか分かりませんけど、本当に見事なピッチングでした。

 

 

野村 今日は何と言っても今井投手なんですけども、平松さん、非常に可能性を感じる良いピッチャーですね。

 

平松 いいですねぇ。

 

野村 スピードはあるし。

 

平松 久々に本格派のピッチャー。ストレートを中心にね。

 

野村 はい。

 

平松 もうコントロールが乱れないんで、安心して見られますよね。

 

野村 はい。それで、少し球数が多いのもちょっと気にはなったんですけども。

 

平松 今日はキャッチャーの岡田がかなり意識して『低めに投げろ』とやっていて、真ん中を構えていたらどんどんストライクを投げていたんじゃないかな。

 

野村 あっ、ストライクゾーンでも勝負できそうな。

 

平松 そう。できるんじゃないですか。うん。

 

野村 金村さんはいかがですかね?

 

金村 いやぁ、もう素晴らしいのは高校野球の時から見ていて凄いなあと思っていましたけど、逆にプロに入って1年じっくりと2軍でやっていたのが良かったんじゃないですか。

野村 2軍の期間がね。

 

金村 まあ、精神的にも強く逞しくなっているような感じも受けましたしね。これは将来のエースは間違いないでしょうね。

 

野村 まあ、僕も見ていて初回に三振を取ったら首をクイクイっと振るんですよ。

 

稲村 はい。

 

野村 あんな仕草ってなかなか出来ないんで、言い方が悪いけど、ふてぶてしさもあるし、風格も感じますよね。

 

平松 ですから、ヒーローインタビューとか初勝利なら大喜びするじゃない。『やったー!』って感じでね。今井は全然喜んでないもんね。

 

野村 冷静でしたね。

 

平松 これがやっぱり凄い。これは大投手なる風格を持っている。

 

野村 そうですよね。高卒ながらもドラ1のピッチャーを見せてもらったという印象ですよね。

 

平松 まあ、普通だったら本当に大喜びしますよ。

 

金村 川端の打席でもど真ん中をカットしにいっているのに当たらないんですから。川端と言えば首位打者を狙えるような好打者ですからね。

 

平松 川端とか青木とかバレンティンを知らないんじゃないかというぐらいにボンボン投げていましたもんね(笑)

 

野村 まあ、アウトローに投げる原点のストレートにも力があるし、末恐ろしいとまでは言いませんけども、非常に楽しみなピッチャーが出てきましたね。

 

 

以上です。

大絶賛です。かなりのピッチャーのようです。度胸もありそうなんで大エースになりえる風格ありますね。甲子園優勝投手で大舞台にも強いです。あとは真面目にやってくれれば最高です。

おすすめの記事