2020731日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で3試合連蔵ホームランを放ちコンディション不良で2軍落ちしている山田哲人の穴を埋めている東京ヤクルトスワローズの塩見泰隆について元横浜の野村弘樹、元阪神ダイエーの池田親興、元中日の井端弘和がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の塩見の打撃内容
1打席目 ライトホームラン
2打席目 ショートゴロ
3打席目 ピッチャー内野安打
4打席目 空振り三振
シーズン打率.200(7/31の試合終了時点)]
3試合連続ホームラン!

 

アナ ヤクルトは中日に敗れましたが、塩見選手が3試合連続でホームランを打ち好調ですね。

 

野村 井端さん、山田選手と代わって彼が2番に入ることが多いんですけども好調です。

 

井端 そうですね。特に今日みたいにナゴヤドームで反対方向にホームランを打てる選手は数少ないと思いますんで。

 

野村 はい。

 

井端 そんなに体が大きいわけでもないんですけど、非常にパワーがあるんで、山田選手の代わりは十分に務まるのかなと思いますね。

 

野村 池田さんはどうですか?

 

池田 それが今のヤクルトの強さだと思いますね。

 

野村 2位にいますからね。

 

池田 怪我人が多くなっている中で、本当はしんどくなっているところにこういう若い選手が出てきてハツラツとプレーしてますよね。

 

野村 はい。

 

池田 スイングの力も強いんでチームにとっても盛り上がりますよね。

 

野村 山田選手が抜けてどうなるのかなと思ったところで、この塩見の活躍ですから、ヤクルトの快進撃も頷けますね。

 

池田 そういう事です。

 

 

以上です。

能力は高いとずっと言われていたんでそろそろ本格化するんでしょうか。
おすすめの記事