2019519日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で見せた東北楽天ゴールデンイーグルスのピッチャー福井優也、ショート茂木栄五郎、キャッチャー堀内謙伍のサインプレーについて元横浜の平松政次、高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



シーン

2回裏 楽天2点リード2アウト満塁

福井は3つの四球で自らのピンチを招くが絶妙のけん制球で難を逃れる。

ショート茂木が動く→キャッチャー堀内がミットを下げる→福井がけん制球→茂木に送られタッチアウト

 

 

岩本、平松、高木の解説

岩本 今日の試合で目立ったプレーがありました。2回裏のけん制球です。楽天の先発の福井投手の自らのフォアボール連発で満塁のピンチなってしまったんですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 満塁のシーンで2塁へのけん制球なんですよね。これがまた絶妙のタイミングでした。これを皆さんと一緒に検証したいんですけど。

 

平松 うん。

 

岩本 ここでセットポジションに入る。そしてタッチアウト。

 

 

平松 あぁ、キャッチャーからのサインだね。

 

キャッチャー普通の構え

ミットを下げた瞬間に福井がけん制

 

岩本 はい。これキャッチャーのミットの動きを見てピッチャーが動き出すという。

 

平松 そう。

 

岩本 その直前にはショートの茂木は事前に動いている。豊さん、これサインプレーでキャンプでよく練習しますよね。

 

高木 やりますよね。

 

 

平松 これピッチャーの福井がよく我慢してますよ。

 

岩本 なるほど。

 

平松 うずうずしちゃうからキャッチャーがミットを動かす前に動いたりね。

 

岩本 はい。分かります。

 

平松 動いちゃうんだけど、このプレーではよく我慢してた。

 

岩本 はい。相手に悟られたらいけませんしね。

 

平松 そうそう。この間があんまり長いとボークしちゃうんだよね。

 

岩本 そうですよね。それで今日はまた千葉マリンでは風がなかったのでピッチャーもブルブルしないですしね。豊さん、これショートの茂木も絶妙の動きですよね。

 

 ランナー背後にいる

サッと動く

 

高木 全てのタイミングが合わないと、アウトにならないと思うんですけど、これを誰が出したかですよね。

 

岩本 なるほど。

 

高木 ものすごい気の利いた奴が出してますよ。だから茂木なのか、キャッチャーなのか、ベンチなのか。

 

岩本 はい。

 

高木 恐らく福井はそんな余裕がなかったと思います。

 

岩本 そうですね。こうやって細かく動きを見ていると、野手が動いてそのタイミングでキャッチャーがミットを下ろして、ピッチャーにそれを伝えて、ピッチャーがそれで行動に起こして成立させると。

 

高木 あれ集まってから決めたら何もならないからね()

 

岩本 そうですね。シラっと誰かがサインを出して、そして誰かがアンサーのサイン出してね。

 

高木 そこで皆が集中してなきゃ成立しないサインですよね。

 

アナ 何だかこのシーンを見るとゾワゾワしますね。

 

岩本 はい。レベル高いでしょ。

 

 

以上です。

こうやって見るのも面白いです。
おすすめの記事