201967vs北海道日本ハムファイターズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は西勇輝、日本ハムの先発は有原航平。序盤から投手戦で試合が進む。4回表近藤の2塁打と糸井の送球エラーで3塁へ進み、清宮のセンター犠牲フライで1点を先制される。更に6回表に近藤のシングルヒットから中田のライト前に落とすヒットで糸井がボールを逸らし1塁ランナー近藤がそのままホームインで2点差。阪神は6回裏に糸井、大山の連打、マルテ四球から高山の内野ゴロの間に1点、代打原口の打席でのバッテリーミスで1点が入り同点となる。しかし、7回表に北條の送球エラーからピンチを作り大田の犠牲フライで1点勝ち越される。試合はこのまま終了。なお、鳥谷は最終回のチャンスに代打で登場するも三球三振。2-3で阪神の負け。GAORA、MBSラジオ、ABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の負けインタビュー

―最後はあと一押しだった

矢野 そういうチャンスをしっかりと作ってくれたのは粘りがあって良かったと思います。

 

62得点に抑えられた有原について

矢野 ここまでもいい結果を残しているので簡単に崩せないと思いましたね。

 

―野手のミスから3失点

矢野 グラウンド状況も雨だったんでね。それでも西は粘って投げていてくれたんですけどね。西には申し訳ない形になりました。

 

―ジョンソンが抹消された

矢野 それはシーズンの中では起こりうることなんで仕方がない。いるメンバーでどうするかを考えます。

 

―ファイターズ戦の手応えは

矢野 レベルの高い選手が多いと思いました。

 

―明日に向けて

矢野 粘りのある試合を見せられているんでね。紙一重のところまで来ているんで、うちらしい野球を明日からもやっていきます。

 

 

その後の矢野監督のコメント

矢野 グラウンド状況が悪かったからエラーをしてしまった、というものでもない。西が頑張っている姿を見て野手は奮起しなければいけない。

 

 

久慈守備コーチの試合後のコメント

久慈 北條のエラーは打球が多少跳ねたのはあるけれども、あそこで勝負するなとは言われへん。北條を責めることはできない。最初から内野安打でいいとは言えないし、必死でやった結果でああなった。グラウンドコンディションが悪い中で必死で低い送球を投げようとしてくれた。

 

 

清水ヘッドの試合後のコメント

清水 いつも言っているけど、やったものはしょうがない。それでも打って取り返すこともあるし。結果が悪いとそこがクローズアップされるけど、ミスをしても取り返そうとやってくれればいいんだ。エラーを責めることはありません。

 

 

以上です。

また西を見殺しにした。
おすすめの記事