2018年8月26日BS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のアストロズ戦で相手の先発のバーランダーからホームランを打った大谷翔平のバッティングについて小宮山悟がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



【この日の大谷の打撃内容】

1打席目 ライト2塁打

2打席目 センターホームラン

3打席目 三振

4打席目 死球

 

【大谷の試合後のコメント】

大谷 バーランダーは素晴らしい投手なので、やっぱり何度対戦しても打つのはなかなか難しいレベルだと思うんですけど、確実に1回目より2回目、2回目より3回目の方が良いタイミングで入れていると思うので、凡退した打席もうまく生かせているんじゃないかなと思います。(チェンジアップを本塁打したことについては)正直、頭の中になかったボールですけど、何とか食らいついて、打った瞬間は入るかどうかは分からなかったので、なんとか抜けてほしいなという感じで走ってました。

 

【試合後のバーランダーのコメント】

バーランダー 大谷には今改良しているチェンジアップを投げたんだ。しっかり見極められて打たれたよ。彼のパワーはすごいね。うまく運ばれたよ。

 

 

アナ 大谷選手、ついにバーランダー投手を攻略しました。小宮山さん、見事なバッティングでしたね。

 

小宮山 三度目の対戦ということで、多少の慣れがあるんでしょうけど、そうは言ってもメジャーのそうそうたるバッターでも打てないピッチャーですから、そのピッチャー相手に見事なバッティングと言ってもいいと思いますけどね。

 

アナ はい。では、振り返っていきましょう。過去、大谷選手はバーランダー投手相手に7打数1安打に抑えられていたんですが、この試合で打てた要因というのは何なんでしょうか?

 

小宮山 最初の打席で追い込まれた後にチェンジアップを2ベースヒットにしたんですけど、この一振りですね。

 

アナ はい。

 

小宮山 打ち方でいうと完全にタイミングを外されていますから全然ダメなんですけど、バットコントロールだけで、ボールをうまく拾って、ちょっと高かったというのもあるんですけど、この1本のヒットで、チェンジアップに対してある程度対応できかもしれないという自信みたいなものができたと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

小宮山 そして、2打席目のホームランはそのチェンジアップを打つんですけど、バーランダーの速いボールを投げられた後ではなくて、初球なので、チェンジアップの感じが抜けきれていないというか、普通のピッチャーが投げる感じでボールが来たので、咄嗟にバットを出して、いつも通りの感じでスイングをしたら、ドンピシャということで、打ち方に関しては満点の打ち方で素晴らしい当たりでしたね。

 

アナ またバーランダー投手から打ったというのは本当に大きいですよね。

 

小宮山 はい。もうね、サイ・ヤング賞を獲った誰もが知っているピッチャーですよ。そのバーランダー相手にこういう形でホームランが出たというのは相当自信になっていると思います。ますます楽しみですね。

 

 

以上です。

メジャー最高クラスのバーランダーから打ったのは相当の自信になります。

おすすめの記事