2018年8月26日BS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のアストロズ戦で8回に報復死球を受けた大谷翔平についてメジャーで活躍した小宮山悟がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



アナ 8回にはメジャーで2回目のデッドボールでしたが(苦笑)

 

小宮山 はい。これはもうデッドボールで片付けてはいけないデッドボールなので。

 

アナ はい。

 

小宮山 要は7回にアストロズはアルトゥーベがデッドボールでやられたと。アストロズは直後の7回裏にやれば良かったんですけど、下位打線だったので、上位打線が回ってくる8回裏にタイミングがきたと。

 

アナ はい。

 

小宮山 条件でいうと、2アウトランナー無しからというのが条件なんですよ。

 

アナ はい。

 

小宮山 なので、2アウトランナー無しの状況で打席に立ったのがちょうど大谷だったと。これ相手ピッチャーも一発で仕留めるわけですよ。

 

アナ はい。

 

小宮山 しかも、後ろに避けても当たるような所に投げている。体に近い所だと避けたら当たらない可能性があるので、これは間違いなく報復なんですよ。誰もがみんな分かっているので、これで警告試合になるんですけど。

 

アナ うーん。

 

小宮山 大谷はこの後に笑顔を見せたんです。

 

アナ そうですね。

 

小宮山 普通だったら、激怒しそうなところなんですけど、メジャーリーグってこういうこともあるんだということで。

 

アナ はい。

 

小宮山 恐らキャンプの時から、こういうケースの場合はこういうことがあり得るよということは説明受けていると思うんですよ。

 

アナ はい。

 

小宮山 彼はピッチャーなので、自分が投げなきゃいけない状況もあるという、そういうことを踏まえた上で今日の打席でやられたと。そして、この笑顔で全てが救われたという感じがします。

 

アナ うーん。

 

小宮山 あそこで本当は激怒して乱闘騒ぎになりそうなところを彼が笑って1塁に行ったことで、何もなかったかのようで良かったと思います。

 

アナ デッドボールを受けた後とは思えない笑顔ですよね。

 

小宮山 本当です。よく笑っていられるなというところなんですけどね。

 

アナ まあ、相手ピッチャーも色々ありますよね。

 

小宮山 はい。ピッチャーのオスーナはトレードで来たばかりで、チームに溶け込むという意味では、この一発で仕留めたことによって、クラブハウスで「よくやった」と。

 

アナ はい。

 

小宮山 「これでお前もアストロズの一員だ」ぐらいのことを言われて、みんなに褒められたと思います。アメリカってそういうところなんです。

 

 

以上です。

報復が当たり前のお国柄なんです。

おすすめの記事