20191017日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で阪神タイガースのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



阪神のドラフト指名選手
1位 西純矢  投手  創志学園高校
2位 井上広大 外野手 履正社高校
3位 及川雅貴 投手  横浜高校
4位 遠藤成  内野手 東海大相模高校
5位 藤田健斗 捕手  中京大中京高校
6位 小川一平 投手  東海大学九州キャンパス

育成ドラフト

1位 小野寺暖 外野手 大阪商業大学
2位 奥山皓太 外野手 静岡大学

アナ では阪神です。小関さん評価をお聞かせください。

 

小関 分かりやすい指名ですよね。例年の阪神は凝った指名をするんですよ。

 

アナ はい。

 

小関 「どうだ?」という感じで割とスタンドプレーと言っちゃあ何ですけども、分かりにくい指名をして、それが一転してこんな分かりやすい指名をしたのは初めてじゃないですかね。

 

アナ ここで西投手の会見をご覧ください。

 

西純矢の会見
―阪神にドラフト1位に指名されて率直な気持ち
西 本当にこのような評価をして頂き本当に嬉しく思っています。

―阪神の印象は?
西 また甲子園で球場で投げれるのかと思うと、スゴくワクワクしています。去年の甲子園では負けたままで終わっているので、阪神タイガースに入団してからその借りを返せるようなピッチングができたらいいなと思っています。

―同期のライバルたちについて
西 佐々木とか奥川が指名された時には自分も嬉しいというか、そういった感じになりました。実力的には奥川の方が上かもしれないですけど、実力があっても試合に勝つというところでは別になってくると思うので、自分は実力がないからこそ勝てるピッチングができえたらと思っています。

―目標のピッチャーは?
西 目標はドジャースの前田健太投手。一緒にプレーするのが楽しみな選手は西勇輝さんで。遠い親戚ということなので、技術的な事であったりとか、色々なことをお聞き出来たらいいなと思っています。

―天国のお父さんへの想いは
西 お父さんには自分は小さい時からプロ野球選手になりたいと言っていたんで、その指名をいただいたという報告をしたいと思っています。

 

アナ 1位指名の西純矢投手を見て頂きましたが、なんか華がありますよね。

 

小関 いいですよね()

 

 

アナ そしてドラフト2位の履正社・井上広大選手の記者会見も入ってきています。

 

井上広大の会見
―阪神にドラフト2位指名された心境は?
井上 やっぱり関西地区でもありますし、先輩の坂本誠志郎さんもいてはるので、しっかりと準備をして臨みたいと思います。なんとしても甲子園で結果を出すしかないと言われていたので、その自分が甲子園で気持ちを全面に出して優勝できて良かったのかなと思います。

―甲子園という舞台は
井上 夏の大会でも甲子園でホームランを打っているのでいいイメージっていうのが湧いているので、阪神に入ってもしっかりと結果を残せるように頑張りたいと思います。

―憧れの選手は?
井上 履正社高校卒業の山田哲人選手です。山田哲人選手とはタイプが違うので自分が目標としている選手というのは岡本和真選手です。

―将来はどんな選手になりたいか?
井上 ホームランバッターになりたいので、ホームランを必ず40本以上打ちたいと思います。

 

アナ 頼むで井上くん!という声が関西の方から聞こえてきましたよ。

 

西尾 「いてはる」って言ってましたね()

 

小関 隣にいた岡田監督がニヤっとしてましたね()

 

一同 ()

 

小関 目標が定まっていていいですね。40本以上。

 

アナ いいですね。

 

最後に矢野監督のコメントを紹介
矢野 初めから高校生を狙っていたんじゃなくて結果的にこうなった。西投手は体も強くて身体能力が高い。バッティングもいい。もちろん期待するんだけも、慌てさせずにいきたい。昨年のドラフトは就任から1週間だったんだけど、今年はいい緊張感の中、腰を据えて臨めました。即戦力が少ないだけに秋季キャンプが大事になってくる。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

個人的には及川選手は育てばかなりの投手になると思います。
おすすめの記事