2021年4月3日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で4打数3安打5打点と大暴れの活躍を見せた埼玉西武ライオンズの呉念庭について、そして安定感を誇る中継ぎ陣について元中日の立浪和義と元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



呉念庭のヒーローインタビューの一部

 流れ的に良かったので、その流れに乗ってしっかりとセンター返しを打つ事ができました。僕は1打席1打席が大事なので、しっかりとアピールしないといけなので、打てて良かったです。良い時もあれば悪い時もあるので、しっかりと継続してやっていきたいです。

 

 

呉念庭を語る

この日の呉の打撃内容
1打席目 センター前ヒット(打点2)
2打席目 フォアボール
3打席目 センター前ヒット(打点1)
4打席目 センター2塁打(打点2)
5打席目 ショートライナー
シーズン打率.500(4/3の試合終了時点)
4打数3安打5打点の大暴れ!

 

アナ 呉念庭のヒーローインタビューは好感持てますよね。平松さん、呉念庭は岡山県の共生高等学校を卒業して、第一工業大学に進学。

 

平松 あっ、そうなの。(※平松は岡山出身)

 

アナ ですから、高校大学と日本ですからドラフトでNPB入りしてるので外国人枠を使わないんです。

 

平松 へぇー。まぁ、ずっと日本でやってますもんね。でも岡山弁では喋ってませんね(笑)

 

アナ そうでしたけどね(笑)

 

平松 まあしかしね、彼はバットの出がスゴくいいですよ。スピーディーに出ますし、これは打つんじゃないですかね。

 

アナ はい。立浪さん、技術的にはどうですか?

 

立浪 ボールを呼び込むタイミングもいいですし、スゴく柔らかくて前捌きがスゴくいいバッターだなという印象ですね。

 

アナ 期待できますね。

 

立浪 えぇ。90度にフェアゾーンを使って色んな方向に打てるバッターですね。

 

 

アナ はい。そして平松さん、外崎が腓骨骨折で離脱という事になりました。これで山川、栗山、外崎の3人が離脱しました。

 

平松 そうですね。怪我人が出ると続々と出るという事があるんですよ。

 

アナ 負の連鎖みたいなのがね。

 

平松 そうなんですよ。山川、栗山、今日の外崎とみんな主力だもん。

 

アナ そうですねぇ。

 

平松 まあ、でも誰かが抜けたら呉念庭みたいに誰かが出て来るのがプロ野球なんですよ。これもチャンスですよね。

 

安定のリリーフ陣について

 

アナ そして安定している西武のリリーフ陣です。平松さん、佐野・ギャレット・宮川が今日も安定感のあるピッチングで試合を締めました。なかなか頼もしい中継ぎ陣です。

 

平松 うん。佐野は変則左腕ですけど毎年使われてますしね。そしてギャレットも球が速くてなかなか打たれない。更に宮川は社会人の東芝で投げてるんでね。

 

アナ はい。

 

平松 これはいいリリーフ陣が揃ってますよ。

 

アナ そうですね。立浪さん、平良が出るという展開にもならないんですよ。十分な中継ぎ陣がいますから。

 

立浪 そうですね。西武の場合は点が取れるチームですから、後ろがしっかりしてくれば勝ちを積み重ねていけるチームですよね。

 

 

以上です。

外崎の離脱は痛いですけど新しい選手が出てきた。
おすすめの記事