2021年6月20日vs.読売ジャイアンツ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 秋山―及川―岩崎―馬場

巨人 高橋畠―高梨―鍵谷―ビエイラ

 

序盤から両先発の投手戦でしたが、6回表に巨人が松原の2ランで先制。6回裏には巨人の2番手の畠から佐藤がソロホームランで1点差に詰め寄る。試合はここから動かず1-2で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―7回裏のチャンスで中野に代打北條について

矢野 左の中でもちょっと分が悪い高梨という事で代えた。

 

―打席途中での高梨から鍵谷への交代について

矢野 これは相手のやる事なんで。

 

―佐藤の18号ホームランについて

矢野 普通に逆方向にも打てるバッターなんだ。打順は俺の中でどうこうないけど、状態的には上がっているのかな。

 

―巨人との対戦成績が五分になった

矢野 これは途中の事なので、追い越したり追い越されたりはあること。俺はそれについてはどうこう考えていません。

 

 

以上です。

打てない。
おすすめの記事