2021年10月20日vs.東京ヤクルトスワローズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―岩崎-スアレス

ヤク 高橋清水―マクガフ

 

試合は両チームの先発共に好投。試合は両チーム共に得点できず0-0の引き分け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

8回途中無失点のガンケルについて

矢野 完璧じゃないか。コーナーもしっかりとインコースなどに力強く投げてくれた。本人も大事な試合だと理解した中で素晴らしいピッチングをしてくれたね。

 

―ヤクルトの先発・高橋について

矢野 今日は普段のカーブと違うような使い方をされたかなという印象がある。

 

―ヤクルト2連戦について

矢野 この2連戦は無失点で抑えてくれて投手はよく投げてくれた。優勝するためには自分たちではコントロールできない立場になってしまったので、一戦一戦勝ちを繋げていけるようにやるしかない。

 

 

以上です。

マルテまで不調になってしまった。
おすすめの記事