2018年6月14日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のテキサスレンジャース戦で股関節痛から復帰登板を果たしたロサンゼルスドジャースの前田健太のピッチングを高橋尚成がフリーアナウンサーの平原沖恵と共に分析しています。

 



【この日の前田の投球内容】

5回76球、被安打5、奪三振1、与四死球4、失点2

今季4勝4敗 防御率3.61 (6/14の試合終了時点)

 

【前田の試合後のコメント】

前田 (制球の乱れについて)2週間空いたし、実戦で投げていないのでその辺は仕方ないのかなと思いますし、細かいズレや感覚のズレは多少あったので。まあ、今日は4回から6回の予定だったんで、それをしっかりとクリアできたのが1番だったかなと。

 

 

アナ 前田健太投手が故障者リストから復帰。15日ぶりの登板となりました。高橋さん。

 

高橋 はい。細かい感覚のズレ以外は特に問題は無かったのかなと思うですけどね。ボールの質も非常に良かったですし、15日ぶりに投げたという事もありますのでコントロールに少し問題があったのかなと思いますけど、それ以外には三振をなかなか取れなかったというのが痛かったのかなと思いますね。

 

【映像を見ながら解説】

アナ では、5回2アウト3塁の場面です。

 

高橋 ベルトレーとの対戦ですけど、2ストライクに追い込んでからカーブも抜けてしまっているんですよね。それを見るとコントロールに微妙なズレがあるのかなと思いましたね。あとは前田投手の代名詞と言ってもいいスライダーですよね。これもボールからボールになっているんですよね。本来ならかなり精度の高い球種なので空振りを取れるですよね。最後のフォーシームも自分の中で決めにいっているんですけど高めに浮く。そこも感覚のズレでちょっとだけズレているような。そんな感じですよね。だから、本人が言う『ズレ』もありましたよね。

 

アナ うん。

 

高橋 まあ、それは間違いなくコントロールの事だと考えられますね。

 

アナ そうなんですね。前田投手は痛めて箇所は右の股関節なんですけども、以前、高橋さんが投球フォームの溜めについてお話をされていたと思うのですが、今日はその点に関してはいかがでしたか?

 

高橋 うん。今日の投球フォームに関してはほとんど怪我の影響はなかったように思いますね。

 

アナ はい。

 

高橋 若干、溜めは無くなっていたのかもしれないですけど。

 

 

【怪我前とこの日の比較映像を見ながら】

高橋 良かった時と比べると少し投げにいくのが早いんですよね。そういう面では溜めが少しなかったのかなと思います。

 

アナ そうですね。怪我前のモーションよりも今日の方がモーションに入ってからの動作が早くなっていますね。

 

高橋 リリースポイントも今日の方が少し早いのかなという感じがしますね。

 

アナ こういうところに少し微妙に違いがあったんでしょうね。

 

高橋 そうですね。ズレを感じていたんでしょうね。

 

アナ さあ、ドジャースのロバーツ監督は今日の前田投手の登板を「前田はよく投げた。5回76球は十分な働きだった。次の先発はこれから決めるが多分予定通りになると思う。」と言っていますね。

 

高橋 はい。まあ、本人も言っていましたけど、今日はノルマをしっかりクリアしたんですよね。4回から6回までを投げるということで。

 

アナ はい。

 

高橋 球数的にはもう少しいけたのかなと思いますけど、次の登板のことを考えて降板だったのかなという感じがします。そして、明日以降に怪我の影響がなければ特に問題はないんじゃないかというところでしょうね。

 

アナ 次の先発も恐らく予定通りと話していましたね。

 

高橋 そうですね。ドジャースは怪我人が多くて先発のピッチャーが帰って来るのか読めないんですけど、来週の6/18.19.20のいずれかのカブス戦あたりでしょうね。

 

 

以上です。

復帰登板は上々の内容でした。これを継続させてローテーションを守ってもらいたいです。今は日本人メジャーリーガーがマエケンしかいない状態。

おすすめの記事