2018年10月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日、中日ドラゴンズの新監督が与田剛氏に決定したことについて元中日の谷沢健一が小澤陽子と共に語っています。

 



アナ 中日の矢野博也球団社長は今日、森繁和監督の今シーズン限りでの退任と、与田剛氏の新監督就任を明らかにしました。1990年から6年間中日でプレーした与田剛さん。現役引退後はWBC日本代表の投手コーチ、そして楽天の投手コーチを歴任しました。

 

谷沢 はい。もう新人の時から抑えピッチャーで150キロ以上の剛速球を投げてね。

 

アナ はい。

 

谷沢 非常にそういう意味では優勝に結び付けたピッチャーですよ。また、指導者の経験値も非常に高いですよね。

 

アナ 選手としても6年間、ドラゴンズでプレーしていますよね。

 

谷沢 はい。まあ、だけど、ドラゴンズを改革するには随分時間を要するかなと、厳しいものがあると思いますよ。

 

アナ そうですか。早くも来シーズンに向けて動きが活発ですね。

 

谷沢 もう監督就任と共にチームを変えていかないといけないですからね。

 

アナ そうですね。

 

 

与田剛 52

1990~1995年 中日ドラゴンズ(‘90に最終救援、新人王)

2009~2013年 WBC日本代表投手コーチ

2016年~    楽天投手コーチ

 

 

以上です。

伊東勤の名前も挙がっていましたけど、結局はOBということに落ち着いたみたいです。

おすすめの記事