2018年4月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で好調西武ライオンズの守備の要の源田壮亮がインタビューを受けています。聞き手は乃木坂46の衛藤美彩という人です。

 



これは2018年4月28日収録されたインタビューです

 

衛藤 よろしくお願いします。

 

源田 お願いします。

 

衛藤 実は私と源田選手は同郷(大分県出身)でしたよね。

 

源田 同郷です。

 

衛藤 同い年(25歳)ですよね。

 

源田 同い年です。

 

衛藤 知り合いがたくさんいそうですね。

 

源田 多いでしょうね、はい。

 

衛藤 明野?

 

源田 明野です。絶対に分かんないですよ、みんな(笑)

 

衛藤 あっ、そうですね(笑)

 

源田 ハハハ(笑)

 

【ここから本格的なインタビュー】

衛藤 源田選手、今シーズンはここまでの守備についてはいかがですか?

 

源田 今年は失策を一桁を目標にしていて、今はエラー0できているんで順調かなとは思います。(インタビュー翌日の4/29の楽天戦で今季初エラー)

 

衛藤 守備で心掛けている事とかって何ですか?

 

源田 1歩目だけは1番集中して、ピッチャーが投げたボールがバットに当たる時に1番集中しています。

 

衛藤 グローブを持ってきて頂いているんですけど、こだわりとかってありますか?

 

 

源田 こだわりですか。人より面のところ(グローブの手のひらゾーン)は広いと思います。

 

衛藤 そのこだわりは?

 

源田 まあ、どっかに当たってくれればいいなという思いでちょっと広いのを使っています。

 

衛藤 へぇ。デザインとかグローブの色とかは?

 

源田 色はセカンドの浅村さんと今年は黒水色でお揃いでいこうって話してたんですけど、ちょっと浅村さんのグローブの仕上がりが微妙で結局は僕だけ黒水色です。

 

衛藤 えっ、そうなんですか(笑) ちょっと残念ですけど。

 

源田 すごくいいグローブです。

 

衛藤 一緒に二遊間を守っている浅村選手は源田選手にとってどんな存在ですか?

 

源田 そうですね。やっぱり、守っている時も緊張をほぐしてくれるというか、2人で楽しくやってます。

 

衛藤 プライベートでご飯に行ったりとかは?

 

源田 あんまり行かないですけど、一緒にゲームしたり。

 

衛藤 ゲームされるんですか?(笑)

 

源田 はい。荒野行動を。

 

衛藤 あ、ちなみに私もやってます。

 

源田 そうですか。みんなもやってます。

 

衛藤 あっ、チームの皆さんでやっている。

 

源田 はい。

 

【少し話が逸れましたがここで本筋に戻ります】

衛藤 今、チームは首位を走っていますけど、今シーズンのここまでのチームとしての手応えはどうですか?

 

源田 やっぱり、勝ちが続くことはチームにとってもすごくいいですし、雰囲気も良くなるんで。どっかで苦しい時期も来ると思いますけど、今みたいな雰囲気でずっと戦っていけば良い結果が出るんじゃないかと思います。

 

衛藤 ちなみに源田選手はチームの中ではどんなキャラクターですか?

 

源田 何ですかね。難しいですね。僕は自分で決められないですね。

 

衛藤 ツッコミとか?ボケとか?

 

源田 いや・・・ムズいなこれ(笑)

 

 

衛藤 今シーズンはタイムリーを打った時に敬礼ポーズをやられていますけど、きっかけとかを聞いてもいいですか?

 

源田 きっかけですか。きっかけはちょっと色々あるんで言えないですけど。

 

衛藤 言えないんですか(笑)

 

源田 言えないんですけど。

 

衛藤 ちょっとそこをどうにか・・・(笑)

 

源田 ハハハ(笑)

 

衛藤 噂ではオフに1日駅員体験をしたからと巷では噂になっているんですけども。

 

源田 はい。

 

衛藤 真相のほうは?

 

源田 じゃあ、そういうことで大丈夫です。

 

衛藤 フフフ(笑) 本当ですか?(笑)

 

源田 色々ありましてこれ(敬礼ポーズ)になりました。

 

衛藤 それが今は源田選手だけでなくチーム内に浸透しているとお聞きしたんですけど。

 

源田 みんなやってますね。

 

衛藤 それはやっぱり源田選手が。

 

源田 いや、僕じゃないですけど(笑)

 

衛藤 そうなんですか。では、改めてここからの目標をお聞きしたいんですけど。

 

源田 今はチームは順調に開幕しましたんで、このまま何か1つでもチームの力になれるように頑張りたいなと思います。

 

衛藤 はい。今シーズンも期待しております。源田選手、今日はありがとうございました。

 

源田 ありがとうございました。

 

最後に2人がカメラの前に並んで敬礼ポーズをして終了。

 

 

以上です。

色々と話を聞きだしたのは衛藤美彩という人みたいですがいつまで経っても噛みまくりの神スイングよりかなりマシですね。

おすすめの記事