2020820日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で敗れて開幕5連敗となった広島カープのクリス・ジョンソンのピッチングについて元横浜の平松正樹、元阪神ダイエーの池田親興、元横浜の高木豊がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日のジョンソンの投球内容
5回1/3 被安打8 奪三振4 四球2 失点4
今季0勝5敗 防御率5.83(8/20の試合終了時点)
開幕5連敗・・・

 

稲村 広島はヤクルトに敗れました。先発のジョンソン投手は今日も勝てずに開幕5連敗となりました。

 

高木 そうですね。平松さん、かつて沢村賞も獲ったピッチャーのジョンソンがまだ勝てないという。

 

平松 いやいや、今日のピッチングに勝てない理由が出てるじゃない。

 

高木 例えばどういうところですか?

 

平松 コントロールが悪い、ボールは高め、そしてキレもないと。

 

高木 なるほど。

 

平松 こりゃ調整不足だったね。

 

高木 そうなんですねぇ。

 

平松 うん。沢村賞を獲った時は物凄くいいピッチャーだったんだからね。当時は16勝ぐらいしたのかな。低めにキレのあるボールを投げてバッターがほとんどいい当たりしなかったもんね。

 

高木 ですね。

 

平松 だから調整不足が響いたように見えましたね。

 

高木 はい。池田さんはどう見られましたか?

 

池田 なんか見ててこんなに力感がなかったかなと思って。

 

高木 なるほどね。

 

池田 新助っ人として初来日して最初のキャンプを見た時に「いいピッチャー獲ったな」と思ったんですけどね。今日なんかはリリースポイントの時に力が入ってない感じに見えるんですよ。

 

高木 去年までずっと石原とバッテリーを組んでたんですけど、今年初めて組んだじゃないですか。だから結果を出すと思ったんですけどね。

 

池田 本人もそういう風に思ってたんでしょうけど、まだ本人のリズムが出てないですよね。

 

高木 なるほどね。もう少し力感が欲しいと。

 

池田 うん。もう少しそういうもんが出てくるもんなんでしょうけどね。

 

高木 まだノッてないという事なんでしょうね。

 

池田 そう見えますよね。

 

高木 やっぱり広島はこのピッチャーが勝たないと勢いが出てきませんよね。

 

 

以上です。

今年ずっとダメですね。誰と組んでもダメ。
おすすめの記事