2018年8月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のマツダスタジアムでのvs.広島カープ戦で先発に無敗のメルセデスを立てたにも関わらず敗戦し2017年から続くマツダスタジアムでの連敗が13となってしまった読売ジャイアンツ。その原因などについて楽天で監督をしていたデーブ大久保、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



大久保 苫篠さん、単刀直入に聞きますけど、ジャイアンツはマツダスタジアムで13連敗をしているじゃないですか。

 

苫篠 はい。

 

大久保 何でこんなに勝てないんですかね?

 

苫篠 ん~・・・まあ、まずはピッチャー誰が投げても打たれていますよね。

 

大久保 はい。

 

苫篠 そういうなかで今日もそうなんですけど、やっぱり、キャッチャーの経験不足というのもあって、相手バッターの狙い球とかの様子を探るだとかの配球面での考えが上手くいっていない。

 

大久保 はい。

 

苫篠 そういうのがやっぱり見えてこないですよね。

 

大久保 なるほどですね。

 

苫篠 だから、バッテリーに余裕がないというのがリード面に表れていますよね。そういうのが見えますし、今日なんかだと、インサイドを使いながら、相手の反応を見ながら、どうやって配球を組み立てて、どうやってカープ打線を抑えるか、そういう部分でまだまだ足りないところがあるかなと思いますね。

 

大久保 そうですよねぇ。あと、今は長嶋終身名誉監督が体を悪くして入院してるんだから、しっかりやれっつーの!(※長嶋茂雄は胆石で入院中で現在は回復してきているとのこと)

 

アナ そうですねぇ。

 

大久保 ジャイアンツは根性見せろ!

 

平松 フフフ(笑)

 

大久保 それは言わせてください。すいません。

 

アナ 気を引き締めて頑張ってもらいたいです。

 

 

以上です。

13連敗は異常です。ナゴヤドームで勝てないとかも色々ありましたけど、今はマツダスタジアムがそれになってますね。他のチームもマツダスタジアムを嫌がっていたりします。

おすすめの記事