2018年11月3日にTBSで放送された「S-1」で野村克也がこの日の日本シリーズ2018、第6戦、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスをぼやき解説しています。試合後に達川光男と電話しています。

 



試合前

野村 そのままソフトバンクがすんなり優勝しちゃうんじゃないかな?今日決まっちゃうな。

 

 

1回裏 2回裏にまたも甲斐キャノンで盗塁阻止

野村 ベリーグッド!強肩はいっぱいいるんだよ。甲斐はフットワークとモーションが良い。足の運びも良いしさ、スローイングも完璧じゃない。

 

 

4回表 0対0の無死1-2塁で内川が送りバント成功

野村 シーズン中にはない選択だね。そして内川となれば右方向に流してよし、引っ張ってよし、という自在なバッターだけに最低でも進塁打という状況の中で手堅い選択をしたというね。これが日本シリーズだわね。

 

 

続く西田がスクイズ成功でSBが1点先制

 

 

4回裏 バンデンハークが菊池、丸、鈴木を三者連続三振

野村 良いコントロールしてるよ。ほんとに。こういう大きいカーブを投げるピッチャーって今はあんまりいないよね。198センチだとあのカーブが更に大きく見えるね。天井から落ちてくるような。

 

 

5回表 2アウトからグラシアルがソロHRで2点差に

野村 2アウトランナーなしで何を気を付けるかって、長打だよ。『どうぞ打ってくれ』みたいなスローボールじゃん。駆け引きとか読みとか、状況判断をしてないよ。

 

 

6回裏 田中が出塁するとバンデンが執拗に牽制

野村 これくらい警戒されて、クイック投法されたらちょっと走れないね。投球モーションを盗めないやろ。盗塁阻止というは、そらピッチャーとキャッチャーの共同作業だけど、8割はピッチャーの責任ですよ。

 

広島は後続が倒れて反撃ならず

 

 

8回裏 新井が代打で登場するもショートゴロ

野村 最後の打席はショートゴロか。寂しいな。このまま終わっちゃうの?

 

 

最後は森が締めくくってソフトバンクが日本一

 

ここから達川ヘッドコーチに電話

 

達川 はい。もしもし。

 

野村 はいよ。元気かい?

 

達川 ノムさん、こんばんは。

 

野村 今日は良かったな。おめでとう。

 

達川 ありがとうございます。

 

野村 さすがだよ。工藤監督はいい所に目を付けているよな。

 

達川 そうですか。

 

 

 

 

野村 まず達川をヘッドコーチにしたのがスゴいじゃない。

 

達川 ありがとうございます。

 

野村 そのおかけでいいキャッチャーが育ったんじゃないの。

 

達川 まあ、長い日本シリーズの歴史の中で守備でMVPを獲ったのは初めてじゃないですかね。

 

野村 それはね、日本シリーズとか短期決戦でビッグゲームになるとやっぱりキャッチャーだよ。

 

達川 そうですね。ノムさんの仰った通りです。

 

野村 目立たないけど、キャッチャーというポジションはスゴい大事だわね。

 

達川 本当にこれはお世辞でも何でもないんですけど、甲斐はノムさんの本を熟読して、今日も困ったらアウトローを要求していましたよ。

 

野村 フフフ(笑) 恥ずかしいよ(笑)

 

達川 ありがとうございます。もし、ノムさんの背番号19を甲斐が付けることになったらお許しください。甲斐は19を付けたいと言っているんで。

 

野村 いやいや、光栄だよ。その辺に甲斐はいるのか?

 

達川 甲斐は今ちょっと取材が多くて。

 

野村 今は取材がスゴいだろうね。

 

達川 ノムさんの代わりに言っときますわ。

 

ノム ハハ(笑) 言っといて。良かったなって。

 

達川 分かりました。良かったな。甲斐、なかなか良かったやないかって言っておきます。(※太字はノムさんの声真似をしている部分)

 

野村 ハハ(笑) なに、それ誰の真似しとんのや?(笑)

 

達川 今、ノムさんの真似をしました。

 

野村 アホ。そんな声か俺は(笑)

 

(続けて)

 

野村 どうもありがとうございました。

 

達川 ありがとうございます。

 

野村 まあ、しっかりとお祝いをしてもらってください。

 

達川 はい。ありがとうございました。

 

日本シリーズ第2戦のぼやき解説

CSファイナル最終戦のぼやき解説

 

 

以上です。

ノムさんは甲斐をかなり気に入ったかもしれません。

おすすめの記事