2018年5月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs中日戦でスタメンを組み替えて勝利した巨人について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元中日の立浪和義、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田美幸と共に語っています。

 



【下記のように打順を入れ替え】

1坂本   1坂本

2吉川   2吉川

3ゲレ → 3岡本

4阿部   4ゲレ

5岡本   5マギー

 

 

アナ エースを援護した打線ですが今日は打順が入れ代わりまして3番に岡本選手を据えて。

 

大久保 今年初の3番ですよね。これ豊さん、出塁率は坂本がもともと良くて1番から外せないじゃないですか。

 

高木 はい。

 

大久保 それで岡本がいいんで出塁率がいい選手を上位に置いたと思うんですけど。

 

高木 そうですね。やっぱり岡本の勝負強さ、坂本の出塁率、2番の吉川で送ってチャンスを広げて、それで岡本と勝負をさせたいんでしょうね。

 

大久保 うーん。

 

高木 ゲレーロが3番に入っている時にゲレーロは意外といい場面で打たないとか。

 

大久保 確かに。

 

高木 貢献度が低いというかね。だから、岡本がよく勝負どころで打っていますので、そういうところで打順を入れ替えたのかなと思いますけどね。

 

大久保 なるほど。立浪さんは今日の入れ替えについてどう思いますか?

 

立浪 やはり、坂本選手の1番は相手からしたらイヤだと思うんですね。

 

大久保 そうですね。

 

立浪 長打もあるし出塁率もいいですし。それを生かすにはやっぱり岡本選手で持っていくという。

 

大久保 なるほど。

 

立浪 まあ、確かにゲレーロという選手は少しチャンスに弱い。

 

大久保 そうですね。去年も中日ではそうだったんですか?

 

立浪 上手く攻められたら抑えられる可能性が高いですよね。何でも振りにいくタイプのバッターなので。

 

大久保 はい。

 

立浪 まあ、岡本の3番っていうのも面白いのかもしれませんね。

 

高木 ゲレーロはホームランもソロが多かったですもんね。

 

立浪 多いですね。だから、全部打ちにいきますので甘いところに来たらホームランも多いんですけど、しっかり投げられたら凡打も多いという。

 

大久保 なるほど。まあ、今は巨人も勝ち負けをいったり来たりしていますよね。でも、そこそこ調子がいいなかで色々動き出したのは勇気があっていいと思いましたけどね。

 

アナ これがハマったら更に投打が噛み合っていきますよね。

 

大久保 そうですよね。

 

 

以上です。

岡本がキーになっていますね。それだけの派手な活躍をしています。これから続きそうですね。

おすすめの記事