2020715日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.広島カープ戦で先発し、開幕33勝、読売ジャイアンツでは高卒2年目では球団初の快挙を達成した戸郷翔征のピッチングについて元中日の谷沢健一、元巨人の松本匡史、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



戸郷のヒーローインタビューの一部

―今日のピッチングについて

戸郷 自分的にはいいピッチングが出来たと思うんですけど、もっと中継ぎのために長く投げたかったというのがあります。

 

―高卒2年目で初の開幕33勝で桑田越え

戸郷 そういう先輩方に並ぶのが自分の目標ですし、一つでも並べるようにこれからも頑張っていきたいです。

 

 

戸郷のピッチングを語る

この日の戸郷の投球内容
6回103球 被安打2 奪三振4 四球3 失点0
シーズン防御率1.89(7/15の試合終了時点)
高卒2年目で開幕3戦3勝は球団初!

 

アナ 巨人は先発の戸郷投手の好投が光り広島に勝利しました。

 

真中 開幕3連勝でスゴいですね。谷沢さん、戸郷が33勝なんですけど、今日のピッチングはどうでしたか?

 

谷沢 いいピッチャーが出てきたね。ストレートのキレが素晴らしいじゃないですか。

 

真中 そうですね。

 

谷沢 この長い腕でスピンが利いた球を投げてるからバッターは打ちにくいですよ。

 

真中 そうですよね。松本さんは戸郷の投球内容をどう見てますか?

 

松本 やっぱり腕の振りじゃないかと思いますね。

 

真中 うんうん。

 

松本 時にはボールが浮き上がったりとか、角度のある球を投げたりとか、あの腕の振りでバッターのタイミングが合わないんじゃないですか。

 

真中 あと雰囲気が落ち着いてますよね。

 

松本 最近の若い人はね、みんなそうかもしれませんね。

 

真中 余裕がありますよね()

 

アナ ヒーローインタビューも落ち着いている印象がありますよね。

 

真中 そうですね。ナイスピッチングでした。

 

 

以上です。

高卒2年目で凄いのが出てきましたね。
おすすめの記事