2020715日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で移籍後初勝利をあげた中日ドラゴンズの松葉貴大のピッチングについて、そして抑え投手のライネル・マルティネスについて元中日の谷沢健一、元巨人の松本匡史、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



松葉のヒーローインタビューの一部

―終盤の試合展開

松葉 最後までヒヤヒヤしながら見てました。でも中日の投手陣はいいんで、必ず抑えてくれると信じて見てました。

 

―今日の投球について

松葉 自分はやっぱり打たせて取るピッチャーなので、守備を信頼してドンドン打たせていく投球ができたと思います。

 

 

松葉の投球を語る

この日の松葉の投球内容
5回1/3 86球 被安打6 奪三振3 四球0 失点1
666日ぶりの白星!

 

アナ 中日は連敗ストップで最下位脱出です。

 

真中 松葉が良かったですね。松本さん、移籍後初勝利なんですけど、嬉しいでしょうね。

 

松本 そうでしょうね。666日以来の白星ですか。

 

真中 ほぼ2年ぶりなんですよね。

 

松本 本人も言ってましたけど、上手く打たせて取るピッチングをしてましたよね。ちょっと変化を付けて良かったですね。

 

真中 そうですよね。谷沢さん、松葉の今日のピッチングはいかがでしたか?

 

谷沢 松本さんが言ったように、緩急も良かったよね。あとはチェンジアップというか、スクリューが低めに決まっているからいいんですよね。

 

真中 今日の松葉は良かったですね。

 

 

中日抑えのR・マルティネスについて

真中 あとは中日のリリーフ陣も良かったんですけど、中でも抑えのマルティネス。前まで岡田が投げてたんですが、状態が良くないということでマルティネスになったんですよね。谷沢さん、この辺が固定できるようになるとドラゴンズも落ち着いてくるのかなと思うんですが。

 

谷沢 岡田が不安定だからね。いい球を投げててもフォアボールを出したりでピンチを背負うからね。

 

真中 そうですね。

 

谷沢 やはり力のある球を投げるマルティネスが適任じゃないかな。

 

真中 そうですね。リリーフ陣のメンバーを見るとそう映りますよね。

 

谷沢 そうだね。

 

真中 松本さんはマルティネスについてどう見てますか?

 

松本 やっぱり映像を見てもスピードがありますし、変化球にも落差がありますからね。本当に適任だと思いますね。

 

真中 今日は福や祖父江も好投しましたので、この辺が働き出すとドラゴンズ浮上のキッカケになるのかと思いますね。

 

 

以上です。

リリーフが安定してきそうですね。
おすすめの記事