2019911日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦でマツダスタジアムで今シーズン初勝利となった中日ドラゴンズ。逆転CSへの執念について元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満、元中日の井端弘和がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



決勝HRの京田のヒーローインタビューの一部

京田 久しぶりに気持ちのいい感触でした。今年は途中で代えられたり、スタメンで出れなかったりと苦しいシーズンが続いているんですけど、色んな方が何とかしようという気持ちで練習から取り組めているので、その結果だと思います。

 

 

江本、真中、井端が語る

衛藤 中日が広島との延長戦を制して、マツダスタジアムで今シーズン初勝利です。

 

真中 初勝利なんですよね。その中で中日は5回の攻撃で中日ベンチは小笠原投手に早めの代打を出して仕掛けてきました。江本さん、2点ビハインドの1アウト2塁で代打で堂上を出すんですけど早い仕掛けでした。

 

江本 ここのところ中日打線が調子いいじゃないですか。

 

真中 はい。

 

江本 まあビシエドだ、大島だ、と点を取れるようになっているんでね。このゲームを取りたいという気持ちの表れじゃないかなと思うんですよね。

 

真中 そうですね。かなり早い仕掛けだったんで、何とか今日は取ろうという気持ちに見えました。

 

江本 うん。

 

真中 井端さん、小笠原投手は4回で69球なんですよね。だから内容的にはそこまで良くはなかったんですけど、早い仕掛けでした。

 

井端 そうですね。もう負けられない試合が続いてますし、意外と中継ぎの投手が今はいいので自信を持っての交代じゃないかと思いますけどね。

 

真中 後ろがいいですからね。まあ今日は早めに仕掛けてしっかりと逆転勝ちでした。

 

 

以上です。

与田監督の執念采配。
おすすめの記事