2018年10月22日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でアナハイムエンゼルスの大谷翔平についてバッテリーを組んでいて、現在はヒューストンアストロズにに所属しているキャッチャーのマルドナードが語っています。

 



―大谷との関係性は?

マル 大谷と僕はまさに親友です。キャンプからいい関係を築くことができました。

 

―キャンプの時の印象は?

マル キャンプの時から大谷の素質は計り知れないと感じていました。

 

開幕前にマルドナードは大谷についてこうコメントを残していた

マル 大谷を正しい方向に導けるようにベストを尽くす。彼のピッチングは問題ない。僕が保証しますよ。

 

 

―開幕1ヵ月の大谷についてどう見ていたか

マル 大谷は開幕してすぐにみんなの期待に応えました。そこで本人はメジャーで通用する力が自分にあると確信したはずです。彼が特別なのは、どんなときでもストレート、スプリット、スライダー、カーブを投げ分けることができる点です。

 

―大谷のエピソード

マル ある時、大谷はマウンド上で焦っていたように見えたんです。そこで僕は「力を抜いてリラックスしよう」と声をかけました。すると彼はスペイン語で「デスパシート ゆっくり」と歌いながら返してきたんです。思わず吹き出しましたよ(笑)

 

―最近の大谷とはどういう関係になっているか

マル 会うたびに「ゲンキデスカ?」と声をかけます。今はチームが違うが、大谷と僕の間の友情は永遠です。

 

―今後の大谷に期待すること

マル 大谷はメジャーでビッグスターになる素質や能力を持っています。想像を超えるようなスゴい選手になってほしい。もちろん投手と打者の二刀流としてね。

 

 

以上です。

マルドナードは大谷のフォークを止めまくっていた素晴らしいキャッチャーです。

おすすめの記事