2018年11月16日にBS朝日で放送された「スポーツクロス」で村田修一が同期の松坂大輔について古田敦也と高柳愛実と共に語っています。

 



『同期の活躍は刺激になる』というテーマで話が始まります

 

古田 同期の活躍は刺激になりますよね。

 

村田 まあ、高校時代から松坂大輔がいて、それを追い掛け合って同級生でやってきたので。

 

古田 そうですねぇ。

 

村田 ああいうのがいなければ、そういう松坂世代という世代にもならなかったと思いますし、やっぱり刺激にはなっていましたね。

 

古田 その刺激の頂点が松坂で。

 

村田 そうですね。やっぱり松坂でしたね。

 

古田 うーん。バッターだととにかく松坂をどうやって打つかというのでやっているし。

 

村田 そうですね。まあ、対戦するときはちょっと遊ばれている感じも同級生なんで多少はあったんで。

 

古田 ハハ(笑)

 

村田 いつもスライダーとかパンパン投げてんのに、僕が打席に立つといきなりカーブを投げてきたり。

 

古田 うん。

 

村田 『こいつ舐めやがって』っていう。

 

古田 ハハハ(笑)

 

村田 『そんなデータはないし』みたいな。そういうのもありましたね。

 

高柳 古田さんから見て、その松坂世代の印象はいかがでしたか?

 

古田 松坂は春夏連覇しているじゃないですか。

 

高柳 はい。

 

古田 だから、その世代の高校時代というのは横浜高校一色じゃないですか。あの年は横浜ばっかり、松坂ばっかり、という話になってしまうから。

 

高柳 はい。

 

古田 ただ、悔しい思いをして、いつかこの世代には他にもいい選手がいるぞと思わせたいという気持ちでやっていたと思うんで大いなる刺激にはなったでしょうね。

 

高柳 やはりそういう存在というのはかなり大事になっていくんですね。

 

村田 そうですね。打ち崩して、ホームランを1本でも多く、打率を1厘でも高く上げるという気持ちでずっとやってきましたね。

 

古田 だから、僕らの世代で言ったら水野雄仁という奴だったんですね。池田高校で超有名だったんだけど、あいつが高校3年の時に「自分も絶対に優勝すると思ってたんだけど」って言って、2学年下の桑田清原のPL学園にやられるということがあったんですよね。そこからはPLばっかりなんで、桑田清原は凄いスーパースターになっちゃんだんだけど、僕らの時はやっぱり水野、水野、水野、という感じでしたね。

 

 

以上です。

同期は刺激になります。

おすすめの記事