2018年月日にTBSで放送された「S-1」の日ハムvsロッテ戦で北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎についてヤクルト・阪神・楽天で監督をした野村克也がぼやきチェックしています。

 



【注目すべきポイント】

野村 俺が一番見るのは変化球への対応力。キャッチャーの目からいつも見ていたのは変化球への対応がキチっとできる奴はまず大丈夫だなっていう。

 

【1回裏ロッテ先発のオルモスが大乱調 ワイルドピッチでピンチに】

野村 あぁ、何やってんだこれ!? こういうのは解説のしようがない。話にならんってやつ。

 

【清宮の第1打席で初球の外のボール球を見送る】

野村 見逃し方が良いね。コントロールの悪い大きな外国人ピッチャーで左対左で、すっぽ抜けて自分の方へボールが来そうな気がするけど。腰が引けるかと思ったけど逃げずに勇気を出して立っているよ。

 

【その打席では打ち損じの内野安打】

野村 あれは逃げ腰で打っていたらああいう内野安打は生まれない。キチっと腰を引かずに打っているから内野安打になる。逃げてないでしょ。良いわ、この選手。

 

スタッフ いいですか?

 

野村 うん。将来の4番打者だね。間違いなく。

 

【第2打席で内野ゴロ凡退 その後ベンチに戻った清宮を見て】

野村 清宮が手をたたくところが映ったけど、ベンチでの姿勢って大事だから。ベンチでも一生懸命、自分がバッターボックスが入ったつもりで見ているようなね。こういう選手は見込みがある。

 

スタッフ 野村監督も見ていた?

 

野村 うん。判断するのに一番良いヒントになる。

 

【一方、5回裏の中田の打席を見たノムさんは】

野村 口がだるくないのかな、本当に。ムシャムシャムシャムシャとガムを噛んで。(イライラしている様子)

 

【その打席の中田が凡退するのを見て】

野村 あ~ぁ。今のど真ん中やで。エースと4番を見ればチーム力が分かる。

 

【清宮の第3打席に対するピッチャーはロッテ益田】

スタッフ 清宮と対戦するピッチャーもプロ第1号HRは打たれたくないというのはあったりするんですか?

 

野村 (ニヤっと笑いながら)それはピッチャー嫌がるよ。恐らく、各球団も清宮対策は考えているだろうからね。

 

【その打席で2ナッシングから高めのボール球を見極める清宮】

野村 ああいうのを平気で見逃してんだよね。構えた形が崩れないじゃん。

 

【その打席は最終的に落ちる変化球で空振り三振】

野村 みんなこういう攻め方をするよね。追い込んだらワンバウンドか内側へ逃げる変化球で打ち取ると。それに清宮がどう対応していくのか、そういう壁を一つ一つ破っていかないと。

 

【最後に清宮にエールを送るノムさん】

野村 バッターがプロで成功するかしないかっていうのは当たり前のことだけど、選球眼なんですよ。それで俺が彼を買っているところは、見逃し方が良い。力まず、崩れず、見逃しているから将来性は十分あると思うよ。

 

 

以上です。

ノムさんの評価は上々ですね。やはり落ち着きがあるというのに目が行きますね。

おすすめの記事