201953日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し、51失点で勝利投手となった北海道日本ハムファイターズの加藤貴之について元横浜の高木豊と同じく元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の加藤の投球内容

580被安打1 被本塁打1 奪三振1 四球3 失点1

 

 

今季通算成績

8試合 4先発 4リリーフ

12敗 防御率4.34(5/3の試合終了時点)

 

 

高木豊と野村弘樹の解説

アナ ファイターズがライオンズに勝利。加藤投手、今シーズン1勝目でやっぱり特別なものがありますかね。

 

高木 そうですね。今日なんかはスゴく攻撃のリズムを作ったと言ってもいいピッチングをしたんですけど。

 

アナ はい。

 

高木 野村さん、今日の加藤はショートスターターだと思ったんですよ。でも5回まで投げて勝ち星がつきました。

 

野村 はい。

 

高木 この1勝の意味ってどう思いますか?

 

野村 今日は点差もありましたよね。

 

高木 えぇ。

 

野村 それで続投なのか、どうなのかは僕らには分からないじゃないですか。

 

高木 3イニングはパーフェクトだったんですよね。だから引っ張ったのか。

 

野村 だから色々と考えられると思うんですよね。

 

高木 うん。

 

野村 それで今までがショートスターターということは、絶対に勝ちはつかないんですよ。負けしかつかない中でのマウンドだったので、僕はそのツラさ方が可哀想に思えて。

 

高木 なるほど。

 

野村 だから今日の1勝は僕も嬉しいですね。

 

高木 そうですよねぇ。

 

野村 味方が点を取ってくれた。それで3回までしっかりと投げられた。

 

高木 はい。

 

野村 そういう中での今日の1勝というのは加藤投手にとっては格別なんじゃないかなと思いますね。

 

高木 そうですね。まあ加藤にとってはスゴく自信になるというかね。良かったと思いますね。

 

アナ はい。栗山監督も「難しい使われ方の中でしっかりと投げてくれた」と称えるコメントをしていました。

 

 

以上です。

ショートスターターは今後もあるんでしょうか。
おすすめの記事