201957日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で見せた阪神タイガースの盤石のリリーフ陣について、そして決勝打の木浪聖也について元横浜の野村弘樹、元阪神ダイエーの池田親興、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



阪神のリリーフについて

この日の継投
秋山5回1/3 1失点
島本2/3 無失点
藤川1回 無失点
ジョンソン1回 無失点
ドリス1回 無失点

 

アナ 阪神がヤクルトに勝利。接戦をものにしました。

 

野村 タイガースは秋山のあとに投げた4人の投手が無失点リレーをしたんですけど、このリリーフ投手の防御率がリーグトップになっています。

 

リリーフ成績(5/7時点)イニング防御率
阪神1052.2828
ヤクルト1242.2830
広島1133.19
DeNA1163.72
中日1084.03
巨人884.30

 

野村 これ見たら分かる通りヤクルトも頑張ってる中でタイガースのブルペン陣も非常に良かったですよね、チカさん。

 

池田 素晴らしいですね。7回裏に投げた藤川球児もピンチでしんどかったですけど、あそこで粘ったピッチングができた。

 

野村 はい。

 

池田 そして8回裏に投げたジョンソンですよね。全く緊張感がないと言ったら言葉が悪いですけど、いっつも同じ形でマウンドに上がるんですよ。

 

野村 なんか飄々としていますよね。

 

池田 はい。1点差なんですけど、それは彼のコントロールからきている自信だと思います。そこに投げる自信があるからだと思います。

 

野村 はい。

 

池田 その辺から最後に繋げていくというのが出来ていますよね。

 

野村 タイガースは今好調で攻撃陣に目が行きがちですけも、投手陣が頑張ってますよね。

 

 

木浪について

この日の木浪の打撃内容
1打席目 レフトフライ
2打席目 ライト前ヒット(打点1)
3打席目 センターフライ
4打席目 センター前ヒット

 

アナ そして打っては木浪選手が調子いいですね。今日も得点に絡む2安打です。

 

野村 里崎さん、木浪はルーキーですけど、こういった活躍をすると盛り上がってきますよね。

 

里崎 大きいですね。開幕当初は若干苦しんでいましたけど、ここに来て調子も上げてきました。センター近本、ショート木浪で阪神タイガースが長年困っていたポジションをルーキーが埋めたというところがタイガースの将来的にも良かったですよね。

 

野村 まあセンターの近本も元気ですよね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

中継ぎはめちゃくちゃ強いです。
おすすめの記事