2019525日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で敗れてしまい96敗した2017年以来となる悪夢の10連敗となった東京ヤクルトスワローズについて元中日西武の田尾安志と元日ハム阪神の片岡篤史がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



アナ ヤクルトは中日に敗れ、96敗した2017年以来、2年ぶりとなる10連敗。10試合で18個のエラーです。こちらが小川監督のコメントです。

 

小川監督の試合後のコメント
「うまくいかないことばかり。切り替えて明日から頑張るしかない」

 

アナ 田尾さん、ヤクルトのこの状況をどういう風にご覧になりますか?

 

田尾 元々ショートとサードはある程度のエラーは覚悟して、とにかく使おうということでやっているんで仕方ない部分はあるんですけど、ちょっと余りにもエラーが多いんですよね。

 

アナ はい。

 

田尾 やっぱり負けている時というのはこういう事が起こりがちです。これがすぐに解消できるということはないんだけども、もう練習しかないですよね。

 

アナ まあそれしか言いようがないですよね。

 

田尾 はい。

 

アナ 試合前に青木は「みんな一生懸命やっているし、勝とうと思っている。力のあるチームだと思っている」とコメントをしていました。片岡さん、現状のヤクルトについてどんな感想をお持ちですか?

 

片岡 やっぱりショートの西浦が少し戦列を離れてから、ショートをなかなか固定できずにミスが重なって負けてしまっているというのがあると思いますね。

 

アナ はい。

 

片岡 また坂口とバレンティンが復帰してから中々勝てずに流れが悪いところを、今は首脳陣が色々と考えているんじゃないですかね。

 

アナ 試合後には青木選手のコメントがこちらです。

 

青木の試合後のコメント
「引き下がるわけにはいかない。何とかぶち破りたい」

 

アナ 何とか振りしぼるような言葉を残しました。

 

田尾 こういう時はピッチャーがビシッと抑えていくしかないと思いますね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

負のスパイラルにハマっています。
おすすめの記事