2019529日にMBSテレビで放送された『戦え!スポーツ内閣』で落合博満が2019年シーズン序盤、停滞気味の読売ジャイアンツの4番・岡本和真について番組MCのブラマヨ小杉と武井壮と共に語っています。

 



5/29(放送日)時点の岡本の成績
打率.254 本塁打9 打点32 OPS.745

 

小杉 巨人の4番・岡本選手が今シーズン序盤ですが停滞気味です。どうすれば真の4番になれるかというのを、落合さんはどうですか?

 

落合 これは時間ですよ。

 

武井 時間。

 

落合 時間との戦い。だってまだ2年目みたいなもんでしょ。2年目の4番に何を期待するの?

 

武井 気が早いと。

 

落合 だから去年をベースにして、それプラスアルファのことを期待するわけじゃない。

 

武井 はい。

 

落合 その期待にまだ追い付いてないんでしょ。だからどうするんですかっていう質問なんでしょうけど、そんなに簡単にはいかない。

 

小杉 待ってあげろということですね。どうしても去年みたいな活躍を期待して見るからダメなんですね。

 

武井 でも、落合さんが監督だとしてもこれはそのまんま4番で使い続けるということなんですね。

 

落合 俺はチームの中にいないから誰を4番にするかは分からない。

 

武井 そうですか。

 

落合 これは我々、外にいる人間なんで「これがいい、あれがいい」なんて中々言えないんですよ。

 

武井 なるほど。

 

落合 適正は中にいる人にしか分からない。

 

小杉 なるほど。

 

落合 昔ならね、1年やったぐらいなら「たった1年じゃないか」って言われた。

 

武井 はい。

 

落合 昔は「5年やれ!5年やったら認めてやる!」って言われた。

 

武井 なるほど。

 

落合 だからそれだけの幅というか、それだけの時間を岡本に与えてやらないと、今の数字をでああだこうだ言うのは彼にとっては可哀想。

 

小杉 そらそうや。もう何も言わんとこ。

 

 

以上です。

まだ大卒1年目の年齢で1軍定着2年目です。
おすすめの記事