2019630日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日vs.阪神タイガース戦で先発し勝ち負けはつかなかったものの好投を見せた中日ドラゴンズの柳裕也について元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



柳のヒーローインタビューの一部

9イニング目もいこうとした

 代わるのは薄々気付いていたんですけど、強行策で出ようと思ったんですけど、ちょっと無理でした()

 

―今日を振り返って

 チームも連勝中でしたし、大野さんから来たバトンを自分も次に繋ぎたいと思って、マウンドに上がったので本当にチームが勝てて良かったです。

 

 

平松、岩本、苫篠の解説

この日の柳の投球内容
8回94球 被安打4 奪三振10 四球0 失点0
今季8勝2敗 防御率2.86(6/30の試合終了時点)
勝ち負けつかずもナイスピッチング

 

アナ 中日が阪神との延長戦を制して5連勝です。

 

岩本 阪神の高橋遥人と息詰まる投手戦とはこういうことですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 その中でも柳投手です。平松さん、一人立ちしてエースと呼ばれるまでになっています。色んな工夫が見られたんですけど。

 

平松 そうですね。もちろんコントロールもいいし、緩急は使うし、クイックは使うし、カーブはいい、そしてフォーク・チェンジアップがいい。もう全部もいいんだよね()

 

岩本 そうですね() 出来る限りの工夫を全部していますよね。

 

平松 ストレートは速くはないんで、それを本人が自覚してますよ。

 

岩本 あぁ。

 

平松 それで本人がバッターのタイミングを崩したり、自分のいいところをどのように出すか、というので今年の成長はこの辺にあるんじゃないですかね。

 

岩本 うーん。素晴らしい投球でした。

 

アナ 岩本さんは現役時代に何か工夫されていましたか?

 

岩本 はい。イチロー選手と対戦する時は腕のアングルを変えたりでね。

 

アナ 色んなお話を持っていますよね。

 

岩本 結果、僕がイチロー選手に一番ヒットを提供してますけどね。ハハハ()

 

アナ ()

 

岩本 まあそんな話よりも、柳投手の精神的な成長もスゴく見れたんですよね。苫篠さん、ピンチで三振を取った時のガッツポーズなんかはチームを鼓舞しますよ。

 

苫篠 野球というのはピッチャーが投げなきゃ始まらないじゃないですか。

 

岩本 そうですね。

 

苫篠 そういう中で、やっぱりマウンドで自分の柳タイムというのをちゃんと持っていますよね。間の部分であったりの工夫が出来るのは遊びがあるから出来るんでしょうね。

 

岩本 なるほど。バッターボックスでも絶対に出るという気持ちを出して、8球粘ってヨッシャーと。こういうのは野手陣に伝わりますよね。

 

苫篠 中日の中で核になるエースの不在がここまでの低迷の要因でもあったので、これで核になるピッチャーが出てきましたよね。

 

岩本 心身ともに充実している柳投手、グッジョーブ!

 

 

以上です。

完全にエースです。
おすすめの記事