201981日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦の3回表に見せた東京ヤクルトスワローズの足を使った奇策について元巨人の松本匡司、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の斎藤明雄がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



状況

3回表 2アウト1-3塁

 1塁ランナーが飛び出してピッチャーがプレートを外す

 

ピッチャーが1塁ランナーに気を取られている

 

その隙に3塁ランナーがホームに還ろうするがピッチャーはすぐに反転しホームへ送球

 

タッチのタイミングは微妙でセーフの判定。(リクエストでアウトになる)

 

笘篠、松本、斎藤明雄が語る 

稲村 3回表のヤクルトの攻撃で珍しいプレーがありましたね。

 

苫篠 1-3塁でファーストランナーが飛び出している間に3塁ランナーがホームインするという、所謂フォースボークという戦術なんですよね。

 

稲村 はい。

 

苫篠 松本さん、これ練習はしているんですけど、この奇策は久しぶりに見ましたね。

 

松本 そうですね。最近はなかなかないですね。バッターがどうしても打てなさそうだなと思ったときに使う作戦なんですよね。

 

苫篠 そうなんですよね。これピッチャーがセカンドに送球してたら間違いなくホームインしてましたからね。

 

松本 そうですね。それと、ピッチャーは慌ててしまってボークをする可能性もあるんですよね。

 

苫篠 そうですよね。だから、そういった作戦にもなるんですよね。

 

松本 最近は見ないですよね。

 

苫篠 明雄さん、重盗防止だとかでキャンプのときに色々とランナーをつけたシチュエーションの中で1塁ランナーを飛び出させたりする練習もしますよね。

 

斎藤 ありますよね。これね、マウンドにいる桜井はマウンドさばきが落ち着いていましたよね。

 

苫篠 はい。

 

斎藤 キャッチャーが1塁ランナーが飛び出していると手を上げる合図を送ったら、桜井はプレートを外してからセカンドを見て、キャッチャーの「3塁ランナーがいったぞ」の声を聞いてから振り向いて投げてるから物凄く落ち着いていましたよね。

 

苫篠 うんうん。

 

斎藤 送球はちょっと逸れて危なかったんですけど、いい方向に逸れてくれましたよね。

 

苫篠 ランナーの方に逸れてアウトになりましたよね。まあ本当になかなか見ない戦術なんですよね。

 

 

以上です。

たまにはやってもいい作戦ですね。
おすすめの記事