2019820日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs中日ドラゴンズ戦でチーム今季4度目となるダブルスチールで1点をもぎ取った読売ジャイアンツの攻撃について元日ハム阪神の片岡篤史と元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



シーン

1回表 2アウト1-3

1塁ランナー岡本、3塁ランナー丸、バッター大城という場面の3球目で岡本が二盗を試み中日のキャッチャー加藤が迷わず2塁に投げると同時に3塁ランナー丸がスタート。岡本は2塁に到達する前に止まったのでキャッチャーから送球を受けたショートの堂上は岡本にタッチせずにすぐにホームに返球するが間に合わずオールセーフとなる。

 

 

片岡と野村弘樹が語る

アナ 巨人が中日に勝利しました。野村さん、巨人は僅か3安打で2点取って勝ったんですね。

 

野村 そうなんですよ。ドラゴンズは8安打だったんですけどね。

 

アナ そうかぁ。

 

野村 野球は点を取るゲームですからね。片岡さん、そのジャイアンツなんですけど、結局は初回に2点取っただけなんですよね。

 

片岡 はい。

 

野村 決勝点となる2点目は丸と岡本のダブルスチールでした。これはジャイアンツの攻撃が素晴らしいと見るのか、ドラゴンズ側の守りに落ち度があると見るのか。

 

片岡 うーん。これはジャイアンツの攻撃としてはあまりこういう風な足を使って点を取るというイメージがあまりなかったと思うんですよね。

 

野村 そうですよね。

 

片岡 だからキャッチャーの加藤はあまり3塁を見ずに2塁に送球してしまっていると。最近ダブルスチールはどのチームでもよく成功してますよね。

 

野村 はい。

 

片岡 加藤は3塁を少しでも見ておけば、なかなか3塁ランナーの丸もスタートを切りにくいもんですけどね。

 

野村 あと1塁ランナーが岡本だったので、予想してなかったというのがあるのかもしれないですね。

 

片岡 ただ、そこで逆に余裕を持って2塁に送球できたんじゃないかなというのもあったと思うんですよね。

 

野村 なるほど。

 

片岡 ここはもう相手の隙を突いた見事なダブルスチールでしたよね。

 

野村 そうでしたね。

 

 

以上です。

原巨人はたまに足攻めして必ず成功させているイメージがあります。
おすすめの記事