2019821vs横浜DeNAベイスターズ戦@京セラドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は秋山拓己、DeNAの先発は上茶谷大河。序盤は両先発共に上々の立ち上がり。3回裏に阪神は高山のソロホームランで先制する。更に4回裏には木浪の2塁打でチャンスを作りマルテも2塁打でタイムリーで1点追加。5回表にはDeNAも反撃で大和の2塁打から伊藤のタイムリーで1点差とする。6回裏にはまたも木浪の2塁打からチャンスを作りマルテの犠牲フライで再び2点差とする。試合はこのまま終了し3-1で阪神の勝利。スカイAの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―接戦を制して連勝

矢野 すごく嬉しいです。

 

―藤川が締めて勝利 リリーフ陣が安定している

矢野 うちの強みですし、期待通りのピッチングでいつも通りでした。

 

―先発の秋山に勝ち星がついた

矢野 アキも立ち上がりから飛ばしてね、最後は苦しい場面もありましたけど、5回までキッチリ投げてくれたおかげでチームが勝てましたし、秋山自身も自分に勝ちがついて気持ちの出てるピッチングでしたね。

 

 

4番のマルテに2打点

矢野 3点目は(木浪が2塁打を打ったあとに)孝介が3塁へ進めるバッティングをしてのマルテの犠牲フライということでね、あのまま1点差のままでいくと中継ぎ陣にちょっと苦しい展開になるんですけど、ああいう点の取り方ができてくるとうちらしくなってくると思うので、孝介の進塁打とマルちゃんの3点目というのが大きかったですね。

 

―高山が限られた打席でホームランを打った

矢野 素晴らしいバッティングでしたし、俊にはそこまでで終わってもらうバッターとはこっちは思っていないんで、次のチャンスのところでも俊が打てるようになっていくことが一番いいかなと思ってます。

 

―明日の先発望月への期待

矢野 望月らしい力のあるボールと、腕を目一杯振るピッチングをしてくれたら、それでいいです。

 

勝利監督インタビューは以上

 

 

その後の矢野監督のコメント

―打撃好調の木浪について

矢野 今シーズン、ファームに落ちて、もう一度チャンスを掴んで今日はチャンスメイクをしてくれたし、守備ではファインプレーもあった。多分、賞(※何らかのチーム内の賞だと思います)が出るだろうね。

 

―今日のポイント

矢野 秋山の5回のピッチング。交代機も難しかったけど、最後にロペスに対してカウントが悪いながらも、あの1アウト、あの1球が勝負の分かれ目になった。リリーフ陣の岩崎ドリスを含めて何の迷いもなくリリーフをつぎ込んでいけたのはリリーフのみんながいてくれるから。

 

―試合前に解説者の小久保氏と矢野監督が大山を指導するシーンがあった(※小久保と矢野は侍ジャパンで監督とコーチの関係)

矢野 俺と小久保監督のイメージは一致しているんだけど、悠輔の感覚はちょっと違うみたいだ。バッターはそれぞれ感覚を持っているんで、その辺りもすり合わせいきたい。

 

 

以上です。

マルテが4番らしい働きをしました。
おすすめの記事